役割と権限について


メモ2017年内に、以下の役割をPureCloudで更新します。
  • Engage UserPureCloud Userになります。
  • Engage SupervisorPureCloud Supervisorになります。

2017年より前に組織を作成した場合は、従来の役割名が表示されることがあります。

PureCloud の各役割には権限が 1つ、または2つ含まれます。権限を含んだ役割を持つユーザーは、グループの作成、統合の設定、 コンタクト センターのアクティビティの管理など、各種タスクを実行できます。

  • Employeeの役割は、最低レベルの権限を持ち、すべてのユーザーに割り当てられます。 この役割は削除することはできません。追加の権限を付与するには、PureCloud管理者によって追加の役割が割り当てられている必要があります。
  • Adminの役割には、PureCloud組織に変更を加える権限があります。この役割は、組織を設定する人に自動的に割り当てられます。この人物は、他の人をPureCloud組織に招待し、招待者に役割を割り当てる責任があります。

役割と権限の説明 (ビデオ)

ライセンスの管理

役割を使って、組織内の PureCloud ライセンスを管理します。PureCloud ユーザーに役割を割り当てる場合、ライセンスも割り当てることになります。 役割のライセンス

デフォルトの役割に新しい権限を付与する方法

PureCloudは、最新の新しい権限を定期的な更新によってデフォルトの役割に追加します。役割に加えた変更を変更せずに新しい権限を手動で追加することも、役割をデフォルトの状態に戻して新しい権限を自動的に受け取ることもできます。

ただしデフォルトの役割を復元すると、システムはあなたが追加した権限を保持せず削除した権限を追加します。元の権限と更新された権限で権限をデフォルトの状態に戻すには、役割の編集を選択して、デフォルトの役割の復元をクリックします。

役割のカスタマイズ

デフォルトの役割を使用、または、カスタマイズした役割を作成できます。 例えば、あるマネージャーがコンテンツのワークスペースを管理できる必要があるが、その他の管理者権限は持つ必要がない場合、次のように設定します。

  1. 新しい役割を作成し、"Content Manager"と名前を付けます。
  2. この役割に、Content Management Admin権限を追加します。 
  3. 必要とする社員にこの役割を割り当てます。ユーザーの役割の割り当てはいつでもキャンセル、または無効にできます。[コンテンツ マネージャー]の役割を作成

詳細については、「役割を追加」を参照してください。デフォルトの役割と権限の完全なリストは、「製品、役割、権限リスト」を参照してください。

役割 権限 ライセンス
Employee
  • 組織の参照
  • 自分のプロフィールを編集
  • 自分の場所を編集
Collaborate
Telephony Admin
  • Edge デバイスを設定・管理
  • 電話、番号、コール ルーティングを管理
Communicate
Quality Evaluator
  • 評価フォームを閲覧・編集
  • 評価の監査証跡を表示
  • レコーディングの表示と注釈
  • レコーディングの監査証跡の表示
  • 新しいレコーディングの暗号化キーを作成
PureCloud 3