ソーシャル チャネル リスナーについて


リスニングとは、エージェントが対応すべき、関連のあるソーシャル チャネル表現を探すプロセスです。リスナーでは以下のことが定義されます。

  • リスニングしたい語句
  • リスニングの対象となるソーシャル アカウント
  • 一致する表現に応答したいキュー
メモ: ソーシャル チャネル管理はリスナーとルーティングされるソーシャル表現を関連付けるため、リスナーを削除できません。

画像をクリック

詳細は、画像をクリックします。

リスナーのフィルターでは、そのリスナーによりエージェントにルーティングされる表現が定義されます。フィルターを追加する場合は、以下の点に注意してください。

  • リスナーのフィルターでは、ブール代数または引用符を使用しません。例えば、引用符を使って、"quick brown fox” のように入力しないでください。[完全一致のフレーズ] フィルターに quick brown fox と入力します。
  • フィルターは累積的です。例えば、[すべての文字] および [除外文字] に語句を入力すると、ソーシャル チャネル管理では、[すべての文字] に入力したすべての語句を含み、[除外文字] に入力した語句を含まないソーシャル表現が検索されます。
  • フィルターは大文字と小文字を区別しません。フィルターに「Tree」と入力すると、リスナーでは、「tree」、「TREE」、「tReE」、およびその他の組み合わせが検索されます。
  • フィルターではあいまい検索が実行されます。「Tree」と入力すると、リスナーでは「trees」も検索されます。

リスナーには 4 種類のフィルターがあります。1 つまたは複数のフィールドに、検索する語句を入力します。ソーシャル表現の一致は、各フィルター タイプにテキストを入力した場合、そのテキストに左右されます。 
以下の例は、テキストのフィルター例と、そのフィルター タイプがブール表現によりどのようにテキストを一致させるかを示しています。最初の列はフィルターで一致したソーシャル表現の例を示し、二番目の列はフィルターで一致しなかったソーシャル表現を示しています。

すべての文字

以下に示すすべての語句が検索されます。

quick over lazy = ソーシャル表現内で、場所や順番に関係なく、quick および over および lazy。
一致一致しない

The quick brown fox jumped over the lazy dog.

 Lazy players: quick players jump over them.

The cat sat on the mat.

任意の文字

以下に示す語句のいずれかが検索されます。

fox cat horse = ソーシャル表現のどこかに fox または cat または horse (これらのうち最低 1 つの語句)
一致一致しない

The quick brown fox jumped over the lazy dog.

The cat sat on the mat.

このソーシャル表現では birds のみ。

除外文字

他のフィルターに基づく一致が表現に含まれる場合でも、この語句を含む表現を除外します。

lazy balloon = ソーシャル表現内で、場所や順番に関係なく、lazy または balloon (これらのいずれかの語句)
一致するため、除外される一致しない (別のフィルターで一致する場合は含まれる)

The quick brown fox jumped over the lazy dog.

The quick brown fox jumped over the sleeping dog.

完全一致のフレーズ

入力された順番どおりに完全に一致するフレーズが検索されます。1 つのフレーズのみを入力できます。

quick brown fox = ソーシャル表現内のどこかで完全一致する “quick brown fox”。
一致一致しない 

The quick brown fox jumped over the lazy dog.

Although quick, the fox was red, not brown.   

自分のフィルターが期待どおりのソーシャル表現を検索できるかどうかを確認するには、現在のフィルターで検索されるソーシャル表現の例をプレビューします。

ソーシャル表現の例をプレビューするには、[プレビュー サンプルのリクエスト] をクリックします。

リスナーのフィルターの結果をプレビューできる。こういったソーシャル表現はなぜエージェントにルーティングされないのだろうか。

プレビュー サンプルでは履歴データが使用されます。 それとは対照的に、リスナーではリアルタイムで表現が検索されます。外部のソーシャル サービスによってソーシャル チャネル管理に最近の投稿が送信されるまでには時間がかかる場合があります。過去のソーシャル表現がフィルターに一致しても、新しいソーシャル表現が一致しない場合もあります。 場合によっては、除外した語句がプレビュー サンプルの結果に表示されますが、その語句を含むソーシャル表現はエージェントにはルーティングされません。