PureCloud for Salesforce での転送について


クライアントでは、直接転送 (すべてのインタラクション タイプ) と相談転送 (コール インタラクション) の 2 種類の転送をサポートしています。直接転送では、インタラクションを即座に別のユーザーまたはキューに転送できます。相談転送では、コールを転送する前に、別のユーザーやキューに接続することができます。

Service Cloud では、インタラクション (直接転送または相談転送) とともにワークスペースを転送できます。 ワークスペースには自分が見ているメイン タブと、メイン タブに関連するサブタブがあります。

転送されたタブとサブタブ

転送ダイアログ ウィンドウに [転送選択済み] タブが表示されます。メイン タブの名前がある場合、[転送選択済み] タブの下にカッコに囲まれて名前が表示されます。

自分が開いた別のメイン タブにナビゲートすることで、転送されたワークスペースを変更できます。準備が整ったら、直接転送または相談転送を続行します。

Note: The Transfer window for chat and email interactions does not include a Consult button.

ワークスペースの転送ウィンドウ

メモ:ワークスペースを転送するエージェントと受け取るエージェントは、どちらも Service Cloud で作業していなければなりません。受け取るエージェントが Service Cloud で作業していない場合、ワークスペースはコールとともに転送されません。