グループのワークスペースのアクセス レベルについて


各ユーザーまたはグループに、 ワークスペースのグループ アクセス レベルがあります。 アクセス レベルは、ユーザーまたはグループが、ワークスペース内のファイルを行うことができますを決定します。 次の表は、利用可能なアクセス レベルとそれらに関連付けられているアクセス許可を示しています。

アクセス許可

アクセス レベル

フル アクセス

共同作成者

読み取り専用

ビュー

x

x

x

ダウンロード

x

x

x

アップロード

x

x

 

編集

x

 

 

削除

x

 

 

共有

x

属性の表示

x

x x

編集 

x

x x

監査記録を表示

x

x x

たとえば、寄稿者ことができますファイルをアップロード、編集または削除できないそれがアップロードされた後。

共有ワークスペースには、個人とグループの両方を割り当てることができます。 両方のユーザーとして、個人としてワークスペースに個人を割り当てると、ユーザーはすべての個人およびグループの権利の組み合わせを受け取ります。 

Note: If you are using groups to manage access to shared workspaces, keep in mind that an individual inherits the permissions of any groups they belong to. For example, suppose you add Beth as a member of the Marketing workspace, and you assign her Read Only permission. Later you add the Marcom group as a member of the Marketing workspace and you assign the group the Contributor permission. Beth is a member of the Marcom group. Therefore, she receives the Contributor permission.

ユーザまたはグループの作業領域でグループにアクセス許可を割り当てる方法の詳細については、次を参照してください。 グループ ワークスペースを管理します。.