アクションとメニュー、タスク番号 ID を表示


Architect がフローの各アクション、メニューおよびタスクに自動的に数値を割り当てます。参照用にこれらの値を表示することを選択することができます。表示がオンまたはオフになっているかにかかわらず、数値は各項目に割り当てられたままになります。

数字

アクション、メニューおよびタスク識別子ボタンを表示または非表示

  • このボタンを選択して、数字識別子の表示をオンまたはオフにします。
  • ドロップダウン リストをクリックして特定の項目を検索、またはすべてのアクション、メニューおよびタスクの番号の付け直しを行います。

数字識別子が表示可能なときは、フローに現在含まれている各アクション、メニューおよびタスクのタイトルの横の青色のボックスに追跡 ID 番号が表示されます。 この機能は、フロー作成者がフローの項目の特定のインスタンスのレビュー、分析、またはすばやくくアクセスするときに便利です。

メモ:数値識別子機能はグローバル設定です。1 つのフローでこれらの値を有効または無効にすると、すべてのフローの数値の表示が有効または無効になります。


  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. [アクション、メニューおよびタスク識別子を表示または非表示] ボタンを選択します。
ショートカット:カーソルがアクティブ フィールドになく、開いているダイアログ ボックスがない場合、F そして I を押して数値表示のオン/オフを切り替えます。


数値が有効または無効にかかわらず、番号の付いたアクション、メニュー、またはタスクを検索することができます。

  1. [アクション、メニューおよびタスク識別子を表示または非表示] ボタンの端の矢印をクリックして、[移動] を選択します。[移動] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. 数値識別子、または項目のタイトルの最初の数文字を入力し、リストからそれを選択します。Architect がアクション、メニューまたはタスクを開きます。

ショートカット:カーソルがアクティブ フィールドになく、開いているダイアログ ボックスがない場合、F そして G を押して数字のオン/オフを切り替えます。


アクション、メニューおよびタスク識別子の番号を付け直すると、フローの前のバージョンとの識別子の一貫性が保証されなくなります。 

  1. [アクション、メニューおよびタスク識別子を表示または非表示] ボタンの端の矢印をクリックして、[番号付け直し] を選択します。[番号付け直し] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. [フローの番号付け直し] をクリックします。