コールフローにおけるアクション


前提条件

  • Architect > Admin または Architect > Editor の権限が割り当てられたユーザーの役割

Architect はロードマップを構築し、コール フロー動作を定義するのに役立つアクションのコンポーネントを提供しています。このロードマップは、コールがフローに入り終了するまでのコールの取り扱い方を指示します。コール フローはメニューを再生、コールを内線番号に転送、ユーザーに情報ガイダンスを流す、発信者の入力に基づきコールを転送、別の IVR にコールを回す、メッセージを再生するなどの動作をサポートすることができます。 

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

These actions are available from a call flow’s Architect Toolbox. For more information about the building tasks in the call flow, and other call flow design topics, see the Suggested content. To help familiarize yourself with actions available for a call flow, review the following pages:

アクション 説明
内線番号でダイヤル 発信者がダイヤルして内線番号に転送できる機能の設定を行います。 
切断 ただちにコールを切断することで、発信者がメニュー システムを終了する方法を提供
メニュー 開始メニューまたはメイン メニューにサブメニューを作成します。
メニューに移動 指定したメニューにただちに転送するオプションを発信者に提供します。
前のメニュー 前のメニューに転送するオプションを発信者に提供します。
メニューの繰り返し 現在のメニューをもう一度聞くオプションを発信者に提供します。 
タスク コール フロー内のルーチンを作成するために、プロセスの関連手順をグループ化します。
再利用可能タスクに移動 [再応答可能なタスク] 領域に設定済みの完了タスクを挿入します。 
ACD に転送 発信者をキュー システムに転送します。 
ユーザーに転送 発信者を直接 PureClound ユーザーに転送します。
番号に転送 発信者を外線番号に転送します。
フローに転送 発信者を他のコール フローに転送します。 
ボイスメールに転送 発信者を PureClound ユーザーのボイスメールに転送します。