ラップアップ コード変数を追加


インタラクションの特質を示すため、エージェントはラップアップ コードを指定します。たとえば、販売完了、サービスに不満のある顧客、請求の問題などです。 Architect で、ラップアップ コード式はフロー全体で使用できる変数に特定のコードを割り当てます。ラップアップ コードは PureCloud 管理者により作成され設定されます。

タスク シーケンスにラップアップ コード変数を追加

タスク シーケンスで、データを更新のデータ アクションにラップアップ コードを追加することができます。

  1. ツールボックスから [データ] カテゴリを展開し、[データを更新] アクションをタスク内の希望の場所にドラッグします。
  2. [データを更新] 設計フォームの [名前] フィールドに、項目を説明する有意義な名前を追加します。
  3. [更新ステートメントの追加] ボタンをクリックして [WrapupCode] を選択します。
  4. [変数名] フィールドに、タスクの変数を識別するラベルを入力します。
  5. [割り当てる変数] フィールドで、以下の 1 つを行います。
    • リテラル モードからラップアップ コードを設定するには、ドロップダウン リストから適切なコードを選択します。
    • 式を使ってラップアップ コードを設定するには、式のボタンをクリックして以下の 1 つを行います。
      • 式インラインを追加します。
      • [式を編集] ボタンをクリックして式の編集エディターを開いて式を構成します。
  6. オプションで、他の変数を追加するには、[更新ステートメントの追加] ボタンをクリックします。