タスクに Bridge の呼び出しアクション データ アクションを追加


Use the Call Bridge Action data action within a task to retrieve a specific attribute about a contact from a Bridge Server database. For example, name, address, contact numbers, account number, account status, and so on.

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスク エディターのツールボックスから、[データ] カテゴリを展開して、Bridge の呼び出しアクションをタスク エディター内の希望する場所へドラッグします。
  2. Bridge の呼び出しアクション設計フォームで、[名前] テキスト ボックスにアクションの意味のある名前を入力します。この名前は、タスクのワークフローで Bridge の呼び出しアクションの名前になります。
  3. [カテゴリ] リストの端にある矢印をクリックして、Bridge アクションを含むカテゴリを選択します。
  4. [Bridge アクション] リストの端にある矢印をクリックし、希望の Bridge アクションを選択します。
  5. Bridge アクションに設定されたデフォルト タイムアウトのパラメーターを使用するには、[アクションの提案されたタイムアウト] チェックボックスを選択します。またはそれをクリアして、独自のタイムアウト パラメーターを定義します。
  6. 選択した Bridge アクションによっては、実行時にアクションが実行する入力出力変数を定義します。 
メモ:[入力] または [出力] の横の矢印をクリックして、変数リストを展開するか、折りたたみます。
  1. Bridge の呼び出しアクションの成功、失敗、タイムアウト経路を含む、自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

各コネクター アクションで、コネクターは CRM から 1 つの検索結果を取得します。検索結果がないか複数の検索結果がある場合、コネクター アクションは Architect の Bridge の呼び出しアクションからの失敗経路を取り、CRM から情報を返しません。