タスクに内線番号でダイヤルのアクションを追加


When you drag a Dial By Extension action from the Toolbox into a task, you can set up functionality that allows the caller to dial and be transferred to a specific extension. 

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。
  1. タスク エディターのツールボックスから、[内線番号でダイヤル] アクションをタスク シーケンス内の希望する場所へドラッグします。 
  2. 内線番号でダイヤル設計フォームで、[名前] テキスト ボックスにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスクのワークフローで、内線番号でダイヤル アクションの名前になります。
  3. [内線データ名] 領域に、発信者が入力する内線番号を保持する文字列変数の名前を入力します。
  4. [各数字の入力の間隔のタイムアウト] 領域で、オプションで、発信者が次の数字のキーを押すのを待機するデフォルトの時間を秒数で変更します
  5. [発信者に再度音声ガイドを再生するオーディオ] 領域で、発信者が特定の時間内に数字を入力しない場合に再生するプロンプトを選択します。
  6. [発信者に再度音声ガイドを再生する回数] 領域で、オプションで、切断する前に、発信者が有効な内線番号を入力する試行回数を選択します。
  7. タスク エディターで、失敗とタイムアウトのパスを決定します。
  8. 自分のコール フロー デザインに従ってタスクの構築を続けます。