タスクにループ アクションを追加


Use the Loop action in a task sequence to make your process repeat a series of actions before it goes on to the next action in your design. Loop actions can be used to try a specific action at a specific number of times before giving up and moving on. For more information about the different types of loops and using the Loop action, see the Suggested content.

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスク エディターを開いて、ツールボックスから、[ループ] カテゴリを展開して、[ループ] アクションをタスク シーケンス内の希望する場所へドラッグします。
  2. ループ操作設計領域で、[名前] フィールドに切り替えアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、ループ操作の名前になります。
  3. [ループ カウント] フィールドで、[+] または [-] を使用して一連のコマンドの反復数を設定します。
  4. [現在のインデックス名] フィールドに、タスクの変数を識別するラベルを入力します。
  5. ループ アクション内に希望する変数を追加します。
  6. 自分のコール フロー デザインに従ってタスクの構築を続けます。