再利用できるメニューを追加


メニューとは、Architect で作成された構造が確立されたアクションが集められたもので、発信者は電話のキーパッドの数字を押すか、有効な音声認識入力を行ってアクションを選択できます。入力されたアクションをシステムが実行して、定義された次の機能にコールが進行します。

Architect provides a Reusable Menus area where you can add and configure menus, and then reference them from other areas of the call flow. This feature might be helpful if, for example, you want to use the same transfer action in multiple areas of your flow. You can create a menu that give customers the option to transfer immediately to a customer service queue, and then you can reuse that menu in other menus or tasks in the same flow. 


In this example, create a Transfer to Customer Service reusable menu and then reference it in two separate locations within the flow:

  • In one location, you play promotional audio to the customer. After the customer listens to the promotion, use the Transfer to Customer Service reusable menu to let the customer speak to a representative for more information.
  • In another location of the same flow, the customer is asked to enter an account number. If the number is entered successfully, the customer transfers to the appropriate account manager. If the number is entered incorrectly or is not recognized, use the Transfer to Customer Service reusable menu to send the customer to a representative.


  1. ツールボックスから [メニュー] カテゴリを展開し、メニュー アクションを [再利用メニュー] 領域にドラッグします。
  2. [名前] テキスト ボックスで、メニューの示差的な名前を入力します。
  3. [メニュー プロンプト] 領域で、発信者が押せるキーを伝えるオーディオ プロンプトを追加または作成します。 メニュー プロンプトは、メニューに進むたびに再生されます。
  4. オプションで、デフォルト メニュー選択、メニュー オプション、音声認識オプションを必要に応じて更新できます。
  5. [再利用メニュー] 領域で、(まだ選択されていなければ) 新たに追加されたメニュー アクションを選択します。
  6. ツールボックスから、メニュー アクションに操作を追加し、コール フロー設計に従ってメニュー選択を作成します。  各項目の名前を入力し、数字を割り当て、フロー制御オプション (終了するとアクション) を設定します。