タスクに参加者データの設定のアクションを追加


Use the Set Participant Data action in a task to set an attribute value on a call participant. For example, if you have a Call Bridge action that looks up information for the caller, use the Set Participant data action to save off the results of what the Call Bridge action looks up. If Architect transfers the caller to another flow, the second flow can verify whether participant data was set previously, and re-use the data without calling a Bridge action again in the flow to which the call was transferred.

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。
  1. タスク エディターのツールボックスから、[データ] カテゴリを展開して、[参加者データの取得]アクションをタスク シーケンス内の希望する場所へドラッグします。 
  2. 参加者データ設定設計フォームで、[名前]テキスト ボックスにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスクのワークフローで、[参加者データの設定] アクションの名前になります。
  3. [属性名 1] ボックスで、文字列リテラル属性名を割り当てます。
  4. [割り当てる値 1] ボックスで、リテラル エディターを使用して、属性に文字列値を割り当てます。
  5. 追加の属性を追加するには、[取得する属性を追加] ボタンをクリックし、手順 5~6 を繰り返します。
  6. 自分のコール フローの設計ごとにタスクの構築を続けます。

メモ:属性では大文字と小文字が区別されます。 フローの別の部分で既存の属性を使用する場合は、必ずオリジナルの属性と同一の大文字/小文字を使用してください。