タスクにラップアップ コードの設定アクションを追加する


このアクションを使うと、エージェントはコールに割り当てる希望のラップアップ コードを選択できます。 このアクションはアウトバウンド コール フローでのみ使用できます。

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。
  1. タスク エディターのツールボックスから、フローカテゴリを展開し、ラップアップコードを設定アクションをタスク エディターの適切な位置にドラッグします。
  2. [名前] ボックスで、ラップアップコードの選択に示差的な名前を入力するか、デフォルト テキストをそのままにします。ラップアップ コードの設定ここで入力するラベルはコール フロー構造に表示されるアクションの名前になります。
  3. [ラップアップ コード] ドロップダウン リストの端にある矢印をクリックして、このタスク アクション用のデフォルト ラップアップ コードを選択します。
  4. 自分のコール フローの設計ごとにタスクの構築を続けます。