呼び出し可能な回数セットにタイム ゾーンを追加します。


コール可能な時間セットを追加または編集すると、特定のタイムゾーンにコールされる時間を定義できます。 

  1. 管理をクリックします。

  2. Under Outbound Dialing, click Callable Time Sets.

  3. [新しいタイムゾーンを追加] をクリックします。 [タイムゾーンの追加] ページが表示されます。このページの目的は、タイムゾーンを選択し、次にそのタイムゾーンにコールが行われる日の時間を設定することです。

    図は、[新しいタイムゾーンを追加] リンクを示しています

    図は、新しいタイムゾーンが定義されると表示される画面を示しています

  4. タイム ゾーンを選択します タイム ゾーン フィルター ボックス。 エントリの一覧にフィルターを適用するタイム ゾーンの名前のすべてまたは一部を入力することができます。 現在のユーザーのローカル タイム ゾーンが既定で選択されます。

    画像は、ゾーン名の一部を入力して、タイムゾーンのエントリをフィルターする様子を示します

  5. キャンペーンで選択したタイムゾーンにコールが行われる時間を設定するには、以下のいずれかの手順を実行します。



    カレンダーでは、クリック アンド ドラッグで新しいタイムスロットを定義したり、サイズの変更や間隔の移動によりタイムスロットの期間を変更することができます。

    1. [カレンダー ビュー] タブを選択します (デフォルトでアクティブになっていない場合)。

    2. 新規タイム スロットを作成するには、カレンダーで、タイムスロットを開始するあたりの空白の部分をクリックします。次に、下方向にドラッグして期間を拡大し、完了したらマウス ボタンを放します。

      • タイムスロットを短くするには、そのハンドルを上方向にドラッグし、期間を短くします。

      • タイムスロットを長くするには、そのハンドルを下方向にドラッグし、期間を延ばします。

      • タイムスロットの位置を変更するには、境界線内をクリックし、それを新しい位置にドラッグします。




    1. アクティブになっていない場合、[詳細表示] タブを選択します。

    2. 各タイムスロットでは、特定の曜日とその日の 1 つの時間範囲において、コールが可能な時間が定義されます。デフォルトで、毎日 9 am~5 pm の間にダイヤルが行われるようにタイムスロットが定義されます。

      図は、タイムゾーンのデフォルトのタイムスロットを示しています

    3. 開始時間または停止時間を変更するには、時、分、または AM/PM のインジケーターをクリックします。表示される値を変更するには、別の値を入力するか、上向き矢印・下向き矢印を使用します。

    4. 別のタイムスロットを追加するには、[+] ボタンをクリックします。このボタンにより現在のエントリが複製されるため、1 日のうちで連続しない時間範囲にダイヤルを行うように制限できます。例としては、昼食中ではなく営業時間中のタイムスロットへのダイヤルがあります。

      図は、複製されたタイムスロット エントリを示しています

      タイムスロットの複製により重複する時間範囲が作成されるため、同じ日の時間範囲を編集します。それにより重複がなくなります。

      図は、昼食中ではなく営業時間中のタイムスロットにダイヤルされる様子を示しています

    5. 必要に応じて、他のタイムスロットを定義、編集、削除します。

    ヒント:

    • タイムスロットを削除するには、[-] ボタンを使用します。

    • タイムスロットの前にあるハンドルをクリックしてドラッグし、タイムスロットの位置を変更できます。

    • ユーザーに時間範囲への追加または削除の権限がない場合、編集コントロール (+、-) は読み取り専用です。



  6. 保存をクリックします。