フローに転送アクションを追加


Architect はフローの作成およびタスク シーケンスで使用する数種の転送アクションを提供します。

  • ACD へ転送アクションを使用してインタラクションをキュー システムに転送します。 
  • ユーザーに転送アクションは、PureCloud ユーザーにインタラクションを直接転送します。
  • 番号に転送アクションは外線番号にインタラクションを転送します。
  • フローに転送アクションはインタラクションを別のコール フローに転送します。
  • ボイスメールに転送アクションは、PureCloud ユーザーのボイスメールにインタラクションを直接転送します。
  • グループに転送アクションは、スキル、マネージャー、プロジェクトなど共通の特徴を持つユーザーに関連する既存のグループにインタラクションを転送します。 詳細については、グループについてを参照してください。

Depending on which transfer action you want to add, click to expand the following sections. Click again to close them.


In PureCloud, the ACD system ranks conversations using "time" as the base value. Use priority to provide an increase to time used by ACD for assignment consideration. Priority ranking does not affect time in queue displayed in reporting. This article assumes you will configure priority settings in literal mode. You can also switch to expression mode to build automated priority calculations.

  • In literal mode, the priority scale is 0 to 10, with 0=lowest and 10=highest.
  • One half-star equals one point of priority. 
  • One priority point equals approximately a one-minute advantage. 

To allow priority values higher than 10, switch to expression mode and enter a calculation that adds up to the desired value. For example, to create a priority of 100, type 10 + 90.

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスク エディターを開き、ツールボックスから [転送] カテゴリを展開して ACD に転送アクションをタスク シーケンスの希望する場所にドラッグします。
  2. ACD に転送アクション設計領域で、[名前] フィールドに操作の有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、ACD に転送アクションの名前になります。
  3. Under Pre-Transfer Audio, optionally configure the prompt to play before transferring the interaction.
  4. Under Failed Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller if the transfer action encounters a failure.
  5. [優先度] 領域で、インタラクションの優先度 (0=最低、5=最高)に相当する星の数をクリックします。
  6. キュードロップダウン リストの端の矢印をクリックして、そのインタラクションを転送するキューを選択します。
  7. To optionally select a customized in-queue flow instead of the default in-queue flow, click Override default in-queue handling.
    メモ: このオプションを選択すると、選択はキュー内コール フローに変わり、ここではキューで保留されるときにカスタマーが聞く非デフォルト フローを選択できます。
  8. フローのサポート言語コンテナーの言語スキル セットを上書きするには、[言語スキルを上書き] をクリックして転送操作で使用する言語を選択します。
  9. [ACD スキルを追加] ボタンをクリックして、エージェントがインタラクションを受信するために必要な利用可能 ACD スキルのリストを表示して選択します。
  10. コールが選択したキューに転送されない場合の転送を構成アクションの失敗パスを構成します。
  11. 自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。


  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスクエディターを開き、ツールボックスから、[転送] カテゴリを展開してユーザーに転送アクションをタスク シーケンスの希望する場所にドラッグします。
  2. ユーザーに転送アクション設計領域で、[名前] フィールドにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、ユーザーに転送アクションの名前になります。
  3. Under Pre-Transfer Audio, optionally configure the prompt to play before transferring the interaction.
  4. Under Failed Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller if the transfer action encounters a failure.
  5. [ユーザー] ドロップダウン リストの端の矢印をクリックして、そのインタラクションを転送するキューを選択します。
  6. コールが選択したユーザーに転送されない場合の転送を構成アクションの失敗パスを構成します。
  7. 自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。


  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスクエディターを開き、ツールボックスから [転送] カテゴリを展開して番号に転送アクションをタスク シーケンスの希望する場所にドラッグします。
  2. 番号に転送アクション設計領域で、[名前] フィールドにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、番号に転送アクションの名前になります。
  3. Under Pre-Transfer Audio, optionally configure the prompt to play before transferring the interaction.
  4. Under Failed Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller if the transfer action encounters a failure.
  5. In the Number box, type the telephone number to which to transfer the interaction.
  6. コールが指定した番号に転送されない場合の転送を構成アクションの失敗パスを構成します。
  7. 自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。


  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスク エディターを開き、ツールボックスから [転送] カテゴリを展開してフローに転送アクションをタスク シーケンスの希望する場所にドラッグします。
  2. フローに転送アクション設計領域で、[名前] フィールドにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、フローに転送アクション
  3. Under Pre-Transfer Audio, optionally configure the prompt to play before transferring the interaction.
  4. Under Failed Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller if the transfer action encounters a failure.
  5. Click the arrow at the end of the Flow drop-down list and select a published flow to which to transfer the interaction.
  6. コールが選択したフローに転送されない場合の、転送を構成アクションの失敗タスクを構成します。
  7. 自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスクエディターを開き、ツールボックスから [転送] カテゴリを展開してフローに転送アクションをタスク シーケンスの希望の場所にドラッグします。
  2. ボイスメールに転送アクション設計領域で、[名前] フィールドにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで
  3. Under Pre-Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller before the system transfers the interaction.
  4. Under Failed Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller if the transfer action encounters a failure.
  5. [ユーザー] ドロップダウン リストの端の矢印をクリックして、そのインタラクションを転送する PureCloud ユーザーのボイスメールを選択します。
  6. コールが選択したユーザーのボイスメールに転送されない場合の転送を構成アクションの失敗パスを構成します。
  7. 自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

  1. 希望するフローを開き、希望するタスクを作成、または見つけます。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    1. [タスクを編集] をクリックします。
    2. タスクをクリックして、タスク エディターを開きます。

  1. タスクエディターを開き、ツールボックスから [転送] カテゴリを展開してグループに転送操作をタスク シーケンスの希望する場所にドラッグします。
  2. グループに転送アクション設計領域で [名前] フィールドにアクションの有意義な名前を入力します。この名前は、タスク エディターで
  3. Under Pre-Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller before the system transfers the interaction.
  4. Under Failed Transfer Audio, select a prompt, add text to speech, or configure an audio sequence to play to the caller if the transfer action encounters a failure.
  5. [ユーザー] ドロップダウン リストの端の矢印をクリックして、そのインタラクションを転送する PureCloud グループを選択します。
  6. インタラクションがグループに転送されない場合の、転送アクションの失敗パスを設定します。
  7. 自分のフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。