How agents process campaign calls


エージェントがアウトバウンド コールを受信するとき:

  1. The script associated with the campaign populates the agent’s screen with information about the call, the contact, and the campaign. That action is called screen pop.

    Depending on the campaign’s dialing mode, the contact is already connected, or the agent can review the contact record before placing the outbound call. In Preview mode, the agent can skip the contact.

  2. エージェントはスクリプトの指示に従います。

  3. When the call ends, the agent classifies the call outcome for reporting purposes by choosing one wrap-up code from a list. Administrators define wrap-up codes for each campaign, such as “Made Sale” or “Not Interested.” The agent dispositions the call and then returns to an available status.

    エージェントまたはシステムのいずれかが、各アウトバウンド コールを後処理して何が起こったのかを示します。例えば、アウトバウンド ダイヤリング システムは不成功に終わった連絡試み (ビジー、応答なし、および SIT) を自動的に処分します。アウトバウンド ダイヤリング レポートには、コールの処分データがまとめられています。