Architect の特徴


Architect により、自動応答設計者は事前に定義した操作をリンクして、シンプルなメニュー アプリケーションや高度なメニュー アプリケーションを作成することができます。プログラマーでないユーザーは、Architect のフォームを完成してリンクすることによってメニューのインタラクションを作成および管理できます。 Architect ではコールを、スケジュールされた処理を決定するユーザー定義のプロフィールと比較します。例えば、Architect を使って以下の操作を行えます。

  • 録音済みのメッセージの再生、インバウンド コールの受信、インバウンド コールをキューにルーティング
  • データベースで情報の検索、サブメニューにコントロールを渡す、数十種類のコール管理操作の実行
  • コールをエージェント、オペレーター、またはキューに転送
  • テキストを動的にスピーチに変換
  • サブメニューの提供
  • 社員ディレクトリの検索など。

Architect ではユーザーが各キーを押したときに起こる動作を完全にコントロールできます。例えば、録音済みのメッセージを再生、コールをキューにルーティング、データベースの情報を検索、サブメニューにコントロールを渡すなどの操作が行われます。Architect の事前に定義された操作をリンクして、詳細なメニュー アプリケーションを作成できます。

Architect を使うと、プログラマーでないユーザーが発信者のコール受信時の発信者とのインタラクションを管理できるようになります。 フォームに入力することで、メニュー、オペレータのアクセス、ダイレクト ダイヤル、名前によるダイヤル サービスなどを設定できます。

 Architect 実装の利点

  • Architect は、システム管理者でないユーザーを想定し、プログラマー以外のユーザーを対象にして記述されています。使いやすく、パワフル。詳細な対話型音声応答(IVR)メニューを作成できます。
  • Architect は視覚的です。設定を発行する前に、設定オブジェクトやフラグ エラーの階層関係を表示します。 この機能により、システムを容易かつ安全に使用できます。
  • Architect は特別なソフトウェアを必要としません。録音済みの .wav ファイルをプロンプトリソースとしてアップロードするか、またはブラウザを使用して Architect 内で新規のプロンプト リソースを録音します。
  • Architect は柔軟です。設定は PureCloud に発行するか、ファイルにエクスポートするか、またはファイルからインポートできます。 Architect で設定のステータスが追跡されます。 ユーザーがフローを編集している場合、ファイルがロックされ競合が防止されます。
  • Architect は堅牢です。PureCloud によりコールがキューにルーティングされると、Archtect はコールを管理する機能を提供します。発信者から情報を収集するか、または別のインタラクションで発信者が入力したデータを使用できます。例えば、発信者に暗証番号の入力を求め、それを使ってアカウントの残高を参照し、発信者に残高を読み上げることなどが可能です。
  • Architect は正確です。Architect ではコールを、スケジュールされた処理を決定するユーザー定義のプロフィールと比較します。例えば、コールに関連付けられた DNIS または ANI の情報を使用してインバウンド コールのフィルターを処理することができます。 後で、Architect では 1 日の時間に基づいて最適のコール処理が選択されます。例えば、Architect では営業時間中に発信者に 1 つのメニューを示して、営業時間終了後に別のメニューを示すことができます。 必要な範囲内で、IVR インタラクションをカスタマイズできます。