オーディオ シーケンスについて


前提条件

  • Architect > Admin または Architect > Editor の権限が割り当てられたユーザーの役割

オーディオ シーケンスを使用して、発信者に対して再生する順序付けしたオーディオ要素のシーケンスをセットアップできます。  各オーディオ要素はオーディオ .wav ファイル、TTS(テキストの音声合成)、または特定のコール属性から生成されたオーディオによって構成されます。一般的に使用される属性には以下のようなものがありますが、これらに限定されません:

  • ANI—発信者の電話番号
  • 発信者 ID—発信者の名前
  • DNIS — ダイヤルした電話番号

コールフロー内の以下のような領域でオーディオ シーケンスを構築できます:

  • メインメニューの最初の挨拶
  • コールフロー内のメインメニューその他すべてのメニューでの発信者に対するメニュー プロンプト
  • 内線をダイヤル時に発信者に対して再度音声ガイドを再生するオーディオ
  • 転送前オーディオ設定のオプションを持つ転送アクション
  • [オーディオ再生]、[入力収集]、[内線番号をダイヤル]、[転送] などのタスク シーケンス 

For more information, see the following articles:

ページ 設定できる機能

[オーディオ シーケンスの編集] ダイアログ ボックスを使う

オーディオ要素の順序付けられたシーケンスを設定します。

オーディオ シーケンスをセットアップ

Architect のシーケンス ビルダーで簡単なオーディオ シーケンスを構築するか、カスタム式ビルダーで式を使ってより複雑なシーケンスを作成します。

オーディオ シーケンスを管理

要素の並べ替え、追加/削除、設定の編集を行います。

代替オーディオ シーケンスを有効にする

他の設定言語用にオーディオ シーケンスを設定して並べます。

代替オーディオ シーケンスを無効にする

代替オーディオ シーケンスをキャンセルします。

オーディオ シーケンスでの文法的性

TTS がサポートされている言語での性別に関連した内容表現を実行時に発信者に対してどのように再生するかを指定するパラメータを設定します。