監査検索ビュー


変更と変更者を追跡します。ファセット検索を使って、監査ログをすばやくフィルターします。

変更事項に関するレコードを調べます。アウトバウンド設定あるいはデータ ファイルを、追加、変更、または削除した人と、これらの変更がいつ行われたかを調べます。

デフォルトで、すべての監査レコードが取得されます。レコードのサブセットを検索するには、検索条件を指定します。全文検索とファセット検索を使用すると、検索結果をすばやく絞り込むことができます。

全文検索を行う方法:

  1. 管理をクリックします。

  2. Under Outbound Dialing, click Search Audits.

  3. [検索] ボックスに文字列の一部または全部を入力します。例えば、「例」という言葉を含むレコードを探すには、以下のように入力します。

    図は、監査ビューの検索 ボックス入力するされたテキストを示します

  4. Enter キーを押すか、検索アイコンをクリックします。システムはレコードのサブセットを返します。

    メモ: 検索とフィルターの条件は上部に表示されます。各エントリを展開して、変更内容を確認します。

    図は、全文検索の結果を示しています

    全文検索では大文字と小文字が区別されないため、「example」で検索すると、「Example」、「EXAMPLE」、「EXample」、「example」 などのエントリが検索結果として表示されます。

    例 2

    アイテムをクリックすると、異なる種類の監査情報が表示されます。例えば、連絡先リストの追加のために監査レコードを開くと、以下のように、ダイアログ ボックスにその操作の詳細が表示されます。

    図は、連絡先リストの追加のための監査エントリを示しています

    ヒント:基準を削除するには、選択パネルの [閉じる] ボックスをクリックします。

ファセット検索を行う方法:

ファセット検索では、左側にあるリストの項目をクリックすると、選択した条件に基づいて検索結果が絞り込まれます。

  1. カテゴリはファセット検索基準を整理します。見出しを折りたたんだり展開して、より簡単にカテゴリをナビゲートします。

    図は、ファセット検索基準を示しています アクションーエンティティの作成、更新、追加、エキスポート、削除など、実行された操作が検索されます。
    エンティティ何が変更されたかに検索を絞ります。このリストにより、キャンペーン、スケジュール、コール分析応答、およびリストなど特定の設定オブジェクを選択することができます。
    日付いつ更新されたかを特定します。オプションには今月、今週、今日または昨日があります。
    ユーザーが更新を行ったかを特定します。オプションで、特定の人を選択します。
  2. 自分の検索結果に適用したい基準のリンクをクリックします。数字は、一致する記録の件数を示しています。 

    メモ:より多くの検索基準をクリックと、表示される一致するファイルが少なくなります。

    例えば、[アクション] に [作成] を選択し、[エンティティ タイプ] に [DNC リスト] を選択すると、両方の条件を満たすファイルのみが検索結果のリストに表示されます。

    図は、監査記録のリストを示しています