ブール変数を追加


ブール式は 2 つある値のうち 1 つのみを持ちます: true (はい) または false (いいえ)。例えば、式「07/17/2014 に等しいデータ」は現在の変数の値が 2014 年 7 月 17 日の場合「はい」(true) の値を持ち、そうでない場合、「いいえ」(false) の値を持ちます。If-Then-Else アクションでブール値(またはブール値を与える式)を使用して、2 つの明瞭な代替措置に基づいた決定方法を Architect に伝えます。


  • Call.Ani==“tel:+13175551212”: このブール式で、結果は発信電話番号が 1-317-555-1212 の場合 true で、そうでない場合は false です。
  • オーディオ TTS(もし(時間(現在のデータを入手Utc())>=12, 「こんにちは」、「おはようございます」))ブール値を含むこの式で、現在の時間が午後 12:00 以降である場合、システムは「Good afternoon」オーディオを再生します。それ以外では、「Good morning」オーディオを再生します。 
    メモ:この例では、UTC 日付/時間値に対してチェックが行われます。

1 つの変数を持つ 1 つの条件のみをテストするか、複数の変数を持つ複数の条件をテストすることができます。[更新ステートメントの追加] をクリックするたびに、Architect が変数行を追加します。表に 1 行以上が含まれる場合:

  • プロセスが表に表示される通り上から下への順番で条件を評価します。
  • プロセスは「短絡評価」を使用します。式が OR を使用して複数の条件を組み合わせる場合、そのうちの 1 つの条件だけが true である場合、式全体が true となります。従って、最初の条件が true の場合、プロセスは、式全体が true でその他の条件を評価する必要がないことを認識しています。プロセスが true の条件をヒットするとすぐに、OR 式の評価が停止されます。一方で、AND を使用して式が複数の条件を組み合わせる場合、そのうちの 1 つの条件だけが false であっても式全体が false となります。従って、プロセスが false の条件をヒットとするとすぐに、プロセスは式全体が false であることを認識しているため AND 式の評価を停止します。いずれの場合も、プロセスは次のステップに進みます。

ブール式をタスク シーケンスに追加

タスク シーケンスで、ブール式をデータをデータの更新アクションに追加することができます。例えば、 

  1. ツールボックスから [データ] カテゴリを展開し、[データを更新] アクションをタスク内の希望の場所にドラッグします。
  2. [データを更新] 設計フォームの [名前] フィールドで、項目を説明する有意義な名前を追加します。
  3. [更新ステートメントの追加] ボタンをクリックして [ブール値] を選択します。
  4. [変数名] フィールドに、タスクの変数を識別するラベルを入力します。
  5. [割り当てる変数] フィールドで、以下の 1 つを行います。
    • リテラル モードから値を設定するには、[True] または [False] のラジオ ボタンをクリックします。
    • 式を使って値を設定するには、式のボタンをクリックして以下の 1 つを行います。
      • 式インラインを追加します。
      • [式を編集] ボタンをクリックして式の編集エディターを開いて式を構成します。
  6. オプションで、他の変数を追加するには、[更新ステートメントの追加] ボタンをクリックします。