タスクを作成


Careful consideration should be taken when planning and building a sequence of actions in the task editor. These task actions are available from the Architect Toolbox.

関連する手順

これらの記事は、フロー設計者がタスク シーケンスを構築するのに役立つように設計されています。フロー管理者とエディターは、タスクを作成して管理できます。 

タスク 説明
タスク内でオーディオを再生 発信者に再生する、簡単または複雑な順序のオーディオ要素シーケンスを設定します。
Bridge にコール アクションをタスクに追加 連絡先に関する特定の属性を Bridge サーバーのデータベースから取得します。
タスクに入力を収集アクションを追加 発信者に一連の数字、例えば郵便番号またはアカウント番号などを入力するように促します。
タスクに参加者データの取得のアクションを追加 コールの参加者から取得する属性を設定し、その結果に基づいてフローを分岐させます。 
タスクに参加者データの設定のアクションを追加 コールに関する情報を解析し、結果に基づいてフローを分岐させます。 
タスクに画面ポップの設定のデータ アクションを追加 コールの情報とともにエージェントのワークステーションに自律的に表示されるダイアログ ボックスを構成します。 この情報は事前に定義されたスクリプトか引き出されていますが、フローへの追加時に Architect で変数の設定が必要になる場合があります。
タスクにデータを更新のアクションを追加 フローまたはタスク レベルの変数に値を割り当てます。
タスクに内線番号でダイヤルのアクションを追加 内線番号でダイヤルを使って、発信者のダイヤルにより内線番号に転送する機能を設定します。 
タスクに切断のアクションを追加 タスク シーケンスに終了パスを設置
タスクに言語の設定のアクションを追加 発信者は、プロンプトの言語を選択することができるようになります。
判断アクションをタスクに追加 条件が true であるかどうかによって、プロセスを分岐させます。 
タスクに切り替えアクションを追加 コールが定義済みの制約を満たす場合のフローのパスを指定します。
タスクにループ アクションを追加 設計の次のアクションに移る前に、一連のアクションを繰り返すようプロセスに指示します。
タスクにメニュー アクションを追加 メニューにジャンプのメニュー アクションを使用して、指定したメニューにすぐに転送するオプションを発信者に提供します。 前へのメニュー アクションを使用し、前のメニューに転送するオプションを発信者に提供します。
タスクに、再利用タスクにジャンプのアクションを追加 [再利用タスク] 領域で、以前に設定した完成したタスクへ移動するようにプロセスに指示します。
タスクに転送アクションを追加 発信者をキュー システムまたは直接 PureCloud のユーザー、外部番号、または別のフローへ転送する転送アクションを追加します。
タスクに保留音アクションを追加 このアクションで、発信者がキューで待っている間に聞く音声プロンプトやプロンプトの動作を設定します。 このアクションはキュー内のフローでのみ使用できます。
タスクにラップアップ コードの設定アクションを追加  このアクションを使うと、エージェントはコールに割り当てるラップアップ コードを選択することができるようになります。 
タスク シーケンスを終了 タスク エディターでのタスク シーケンスを作成する際は、タスクには必ず結果が必要になります。