プロンプトの一括インポート


前提条件

  • Architect > Admin または Architect > Editor の権限が割り当てられたユーザーの役割

インポート機能を使用して、一度のセッションで複数のプロンプトをアプリケーションに追加します。プロンプトの一括インポートを実行するときは、.wav ファイルおよびオプションでコンマ区切りの値 (CSV) 形式の録音を含みます。ベストプラクティスとして、マッピングのために CSV ファイルを使うことを推奨します。ただし、既存のプロンプトに一致させるために .wav ファイルに適切な命名方法を使用している場合、このファイルは必要ではありません。 Architect は CSV ファイルを使用してプロンプト名、説明、プロンプトオーディオと TTS の両方の言語を含む、各プロンプトの基本的な重要なデータを設定します。

または [システム プロンプト] タブから、[インポート] を選択して [オーディオ データを一括インポート] ダイアログ ボックスを開き、含むプロンプト リソースを選択します。 インポートの後、Architect は、プロンプトのオーディオおよび TTS 設定を言語別に表示します。 プロンプトの一括インポートで更新された既存のプロンプトについて、Architect は言語別に更新された各プロンプトの説明、オーディオおよび TTS を表示します。

To familiarize yourself with prompts, review the following pages:

ページ 設定できる機能

プロンプトの一括インポートに使う CSV ファイルの形式ガイドライン

Architect がプロンプトの一括インポートでの CSV ファイルの使用方法、およびアップロード前の CSV 構文の形式を設定する方法を学びます。

プロンプトの一括インポートの命名規則

プロンプト ファイルに推奨される命名規則、および Architect がインポートされたプロンプト ファイル名の形式を設定方法を表示します。

[プロンプトのインポート] ダイアログ ボックスをナビゲート

[プロンプトのインポート] ダイアログ ボックスの基本的なナビゲート、および Architect がプロンプトのインポート ステータスのどのように表示するかを学びます。

プロンプトの一括インポートの実行

単一セッションで複数のプロンプトをアプリケーションに追加します。