コール解析応答のページ


システムにより、実際の人が応答したか、留守番電話が応答したかが自動的に検出されます。コール分析により、検出された結果ごとにキャンペーンで実行されるアクションを定義できます。管理者は各キャンペーンに応答セットを割り当て、キャンペーンで異なるアクションが実行されるように設定できます。

call-analysis-responses

このページを使って、プレビューしないキャンペーンのために、コール分析結果に基づいて PureCloud Edge によって実行されるアクションを定義します。例えば、人ではなく留守番電話が応答したことがコール分析により検出されると、電話を切るように Edge を設定できます。

この機能を設定するには、コール分析応答エントリを定義します。次に、コール分析応答をキャンペーンに割り当てます。キャンペーンを開始すると、応答テーブルが Edge に送信され、そのキャンペーンのコール分析結果を処理する方法が伝えられます。各キャンペーンには独自のコール分析応答アクションを設定できます。

この表示を並べ替えるには、名前の列をクリックします。[名前] の見出しにある三角形は、列が昇順と降順のどちらで並べ替えられるかを示しています。[検索] ボックスに名前の一部または全部を入力してリストをフィルターします。検索のテキストを入力しないと、列にはすべてのエントリが表示されます。

ビューの列

説明
チェック ボックス 編集や削除など、アクションにより処理される項目を選択します。 
名前 ハイパーリンクをクリックすると、エントリのプロパティが開きます。エントリのリストをフィルターするには、[検索] ボックスにタイトルの一部または全部を入力します。

手順

メモ:

The system automatically detects whether dialed numbers are SIT Uncallable. It does not redial them.

If outbound dialing places a call and afterward, call analysis detects special information tones indicating that the telephone number dialed is un-callable, a wrap-up code of ININ-OUTBOUND-SIT-UNCALLABLE is assigned by the system. Thereafter, that telephone number will never be redialed on subsequent recycles of the contact list.

This happens independently of any call analysis responses assigned to the campaign.