Bridge の呼び出しアクションのデータ アクション


タスク内の Brisge にコール アクション データ アクションを使用して Bridge サーバーデータベースの連絡先に関する特定の属性を取得します。例えば、名前、住所、連絡先、アカウント番号、アカウント ステータス、など。 このアクションはタスク エディターのツールボックスのデータ カテゴリで使用可能です。 

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

Bridge にコール アクションを構成

名前 説明
名前フィールド  Bridge にコール アクションの示差的な名前を入力します。ここに入力するラベルはタスク シーケンスに表示されるアクション名になります。
カテゴリ Bridge アクションを含む適切なカテゴリを選択します。カテゴリ リストを更新するには、このフィールドの最後にある [更新] ボタンをクリックしてください
Bridge アクション このリストの最後にある矢印をクリックし、希望の Bridge アクションを選択します。選択を絞るには、適切なアクションの最初の数文字を入力します。
アクションの推奨されるタイムアウトを使用 Bridge アクションに設定されたデフォルト タイムアウトのパラメーターを使用するには、このチェックボックスを選択します。独自のタイムアウト パラメーターを秒数で定義するには、チェックマークの選択を解除します。
入力と出力

選択した Bridge アクションによっては、実行時にアクションが実行する変数を定義します。 

メモ:  [入力] または [出力] の横の矢印をクリックして、変数リストを展開するか、折りたたみます。
説明を非表示または表示 このリンクをクリックして、各入力に指定されたそれぞれの変数の種類に関する説明を除去または表示します。

成功、失敗および出力パスの定義

名前 説明
成功

This path indicates that the action successfully communicated with its external endpoint and received a result. 

メモ:実行成功パスは、プロセス中にエラーに遭遇しなかったことを表示します。これは、受信したデータが意図した結果または機能であるかどうかを評価するものではありません。

Drag the appropriate action below the Success path to follow the route you want the interaction to take. For example, a screen pop action with contact information, an audio prompt, a transfer to the appropriate representative, or a combination of actions that follow your company's flow design.

失敗

This path indicates that there was an error executing the action or there was a problem processing the results from a bridge or data action.  

Note: If the network experiences connectivity issues, the action automatically takes this failure path.

Drag the appropriate action below the Failure path to direct the route you want the interaction to take. For example, a play audio action to indicate that the action wasn't successful, a transfer action to send the caller to an agent or representative for assistance. 

タイムアウト

このパスはアクションを実行するために指定時された時間を超えたことを示します。 

Note: Actions use either the default timeout or the flow author's specified timeout. If the action times out, the flow follows the route specified below the Timeout path. This feature ensures the customer does not wait too long for the path to continue. As recommended practice, set the timeout length to not longer than 30 seconds.

Drag the appropriate action below the Timeout path, such as a transfer action to send the interaction to the main or previous menu, play audio and loop actions to give a caller the opportunity to try again, or a disconnect action to end the interaction.

メモ:Architect で文字列の値を入力した値に変換する方法は、「文字列値を入力値に変換」を参照してください。