定型文による応答をする際の役割とアクセス許可


PureCloud の役割と権限は管理タスクとジョブの機能に基づいています。PureCloud の定型文による応答は、特定の機能、表示、タスクへのアクセスを許可するユーザーの役割と権限を 2 つのレベルで組み入れています:


マスター管理者の役割を持つユーザーは次のことができます。 

  • ライブラリの管理(追加、編集、削除)
  • 応答の管理(追加、編集、削除) 
  • 応答の検索 
  • ライブラリへの応答の割り当て 



Agents with the PureCloud User role can:

  • ライブラリの閲覧
  • 応答の検索
  • 応答を表示