シリーズ: コールフローの作成

フローを完了します。


Architect により、フロー設計者は、検証およびエラーのレビュー、アクティブ化のためのフロー公開、その他の管理機能 (保存または削除、インポートとエクスポート、ロックとロック解除、チェックインとチェックアウトなど) を含むフロー構成のいくつかの側面を維持することができます。

関連ページ

フローの管理について知るには、次のページをご覧ください。

ページ 設定できる機能

既存フローを開くまたはフローの前のバージョンを表示

既存のフローを開く様々な方法を閲覧するか、または読み取り専用の閲覧のためフローの前のバージョンを開きます。

フローを検証

検証プロセスとフローのエラーのチェック方法を学びます。

フローの公開

新しいフローでは、[公開] アクションにより管理者がフローを利用できるようになり、管理者は数字を割り当てて、フローをアクティブ化します。既存のフローでは、フローの公開で変更が直ちに有効となります。

フローの維持

この記事は次の方法を説明します。

  • フローへの追加または変更を保存するが公開しない
  • フローをチェックインして現在のバージョンを保存し、他のユーザーがチェックアウトできるようにする
  • 未保存の変更を処分
  • フロー設定ファイルをインポートまたはエクスポート

フローを印刷

PDF を作成またはコール フローのメニューおよびタスク構造のローカル コピーを印刷します。ロック済みまたはロック解除のフローのコピーを印刷することができます。

フローを削除

適切な役割で、一回に 1 つ以上のフローを削除することができます。

コール フローのロックを解除

設定のロック解除、またはチェックインの方法を学びます。適切な役割を得て、他のユーザーによりロックされたフローをロック解除する方法を学びます。

フローのリストをフィルター

フローの管理ページで、ソートとフィルタリングの機能を使用してフローのリストの絞り込みを行います。


フローのタスクを構築します。 : 前回の記事で提案 次の推奨記事: