Concepts for the Verint WFM integration


Note: This article applies to the Verint WFM historical integration and the Verint WFM RTA integration.

Several key concepts are helpful for understanding how the integration works. The diagram illustrates the relationship between these concepts.

コネクター グループ、インスタンス、Bridge サーバー間のリレーションシップを示すダイアグラム

Connector group

コネクタ グループは、PureCloud の設定、およびコネクタの種類の単一の構成を指します。 たとえば、コネクタのグループ WebServicesDataDip は、コネクタの種類の web サービス datadip の単一の構成を指します。

異なる構成では、同じコネクター タイプの複数のコネクター グループを使用します。コネクター グループは、同じ Bridge サーバーまたは異なる Bridge サーバーを使用できます。 

コネクター グループは、コネクターの単一インスタンスを含む必要があります。ただし、コネクターがフェールオーバーとフォールト トレランスをサポートする場合は、回復性のためにコネクターの複数インスタンスを含むこともできます。

Connector instance

コネクター インスタンスは、コネクター グループ内の 1 つのコネクターの 1 回の発生を指します。各コネクター グループには、最低 1 件のコネクター インスタンスが必要です。

For more information about the integration, see About the Verint WFM historical integration.

Connector group

コネクタ グループは、PureCloud の設定、およびコネクタの種類の単一の構成を指します。 たとえば、コネクタのグループ WebServicesDataDip は、コネクタの種類の web サービス datadip の単一の構成を指します。

異なる構成では、同じコネクター タイプの複数のコネクター グループを使用します。コネクター グループは、同じ Bridge サーバーまたは異なる Bridge サーバーを使用できます。 

コネクター グループは、コネクターの単一インスタンスを含む必要があります。ただし、コネクターがフェールオーバーとフォールト トレランスをサポートする場合は、回復性のためにコネクターの複数インスタンスを含むこともできます。

Connector instance

コネクター インスタンスは、コネクター グループ内の 1 つのコネクターの 1 回の発生を指します。各コネクター グループには、最低 1 件のコネクター インスタンスが必要です。

All instances in a connector group have the same configuration and are of the same connector type. For example, all instances in the connector group WebServicesDataDip have the same configuration and are of the connector type webservices-datadip.

コネクタ グループの複数のインスタンスを使用すると、次のシナリオ。

  • Connector failover support*

    複数のインスタンスを同一の Bridge サーバーまたは複数の異なる Bridge サーバーで実行します。

  • Bridge サーバーのフォールト トレランス*

    複数の異なる Bridge サーバーで複数のインスタンスを実行します。

  • Load balancing*

* If supported by the connector.

For more information about the integration, see About the Verint WFM RTA integration.