Concepts for the Zendesk data dip connector


The following sections explain key concepts for the Zendesk data dip connector.



ブリッジ アクションは、コネクタ アクションの構成およびコネクタ グループとコネクタ アクションの関連付けを指します。 PureCloud とし、Architectブリッジ アクションに関連付けられたコネクタ アクションを呼び出すための呼び出しフローに参照ブリッジ アクション ブリッジ操作を作成します。

PureCloud のブリッジ操作を作成するには、最初コネクタ グループを作成し、コネクタのアクションに関連付けること。 この関連付け (ブリッジ アクション) に名前を付けるし、単一のタイプのすべてのブリッジ操作をグループ化するカテゴリにそれを割り当てます。

構成し、PureCloud のブリッジ操作を発行後、Architectの呼び出しのフローにブリッジ アクションを参照している呼び出しブリッジ アクションを追加できます。 呼び出しのフローは、ブリッジ操作とそれに関連付けられている基になるコネクタ操作を呼び出します。

分類、Bridge アクション、コネクター グループ、コネクタ アクション間のリレーションシップを示すダイアグラム



カテゴリは、関連ブリッジ アクションのグループの名前です。 Architectの呼び出しのフローを作成すると、カテゴリは特定のグループの一部であるブリッジ アクションを見つけることを助けることができます。

まず PureCloud のブリッジ アクションにカテゴリを割り当てます。 Architectで特定のブリッジ アクションをコール フローに追加するときはブリッジ アクションの一部であるカテゴリ名でArchitect検索します。

たとえば、カテゴリ名サポート組織のためのアカウント情報を検索すべてのブリッジ操作をグループ化する SupportAccountLookup を作成できます。 

分類、Bridge アクション、コネクター グループ、コネクタ アクション間のリレーションシップを示すダイアグラム


コネクタ アクション、またはコネクタのグループが実行する操作は、CRM からアカウント、ケース、または連絡先に関する情報を取得します。 構成し、ブリッジ操作を発行後、Architectはブリッジを呼び出すアクションを使用してコネクタ アクションを呼び出すことができます。 Architectコネクタ アクションが呼び出しフロー内のルーティングで使用可能な CRM から取得した情報になります。

  • GetAccountByAccountNumber

    Finds an Organization record by searching Zendesk for an account number.

  • GetAccountByContactId

    Finds an Organization record by searching Zendesk for a contact ID.

  • GetAccountByPhoneNumber

    Finds an Organization record by searching the Zendesk field Phone for a phone number.

  • GetContactByPhoneNumber

    Finds a User record by searching the Zendesk field Phone for a phone number.

  • GetMostRecentOpenCaseByContactId

    Finds the most recent open Ticket by searching Zendesk for a contact ID.

分類、Bridge アクション、コネクター グループ、コネクタ アクション間のリレーションシップを示すダイアグラム



コネクタ グループは、PureCloud の設定、およびコネクタの種類の単一の構成を指します。 たとえば、コネクタのグループ WebServicesDataDip は、コネクタの種類の web サービス datadip の単一の構成を指します。

異なる構成では、同じコネクター タイプの複数のコネクター グループを使用します。コネクター グループは、同じ Bridge サーバーまたは異なる Bridge サーバーを使用できます。 

コネクター グループは、コネクターの単一インスタンスを含む必要があります。ただし、コネクターがフェールオーバーとフォールト トレランスをサポートする場合は、回復性のためにコネクターの複数インスタンスを含むこともできます。

データ dip コネクタでは、コネクタ グループは、コネクタ操作 (GetContactByPhoneNumber) などを使用して CRM から情報を取得します。

コネクター グループ、インスタンス、Bridge サーバー間のリレーションシップを示すダイアグラム

コネクター インスタンスは、コネクター グループ内の 1 つのコネクターの 1 回の発生を指します。各コネクター グループには、最低 1 件のコネクター インスタンスが必要です。

同じコネクター グループ内のすべてのインスタンスは同じ構成を共有し、同じコネクター タイプです。例えば、コネクター グループ WebServicesDataDip のすべてのインスタンスは同じ構成で、コネクター タイプ webservices-datadip です。

コネクタ グループの複数のインスタンスを使用すると、次のシナリオ。

  • コネクター フェールオーバーのサポート*

    複数のインスタンスを同一の Bridge サーバーまたは複数の異なる Bridge サーバーで実行します。

  • Bridge サーバーのフォールト トレランス*

    複数の異なる Bridge サーバーで複数のインスタンスを実行します。

  • 負荷分散*

* コネクターでサポートされている場合

コネクター グループ、インスタンス、Bridge サーバー間のリレーションシップを示すダイアグラム