フローのデフォルトを設定


前提条件

  • Architect > Admin または Architect > Editor の権限が割り当てられたユーザーの役割

Under Settings, set the default flow behavior. Here, you can:

  • フローのアーキテクチャの定義と管理
  • フローのアクティブ化と維持
  • 必要に応じてその他のフローおよびプロンプト タスクのモニターおよび実行

For more information, see the following pages:

ページ 設定できる機能

デフォルトのアクション設定をセットアップ

タイムアウトしてコントロールをコール フローの親メニュー (ある場合) に渡す前に、発信者が最初の数字を入力するまで待機する時間、そして各数字を入力する間隔の待機時間を管理します。

デフォルトのイベント処理の動作を設定

Architect がフロー内でエラーになった場合、デフォルト フロー動作を管理

デフォルトのメニュー設定を構成

挨拶が再生される回数を管理できます。この回数の再生が終了すると、Architect によりコントロールがメニューのデフォルト ノード (ある場合) に移行されます。音声ガイダンスが繰り返されるまで、発信者の入力を待つ時間 (秒数) も管理できます。

フローでサポートされる言語を選択

音声プロンプトの再生・録音の言語を管理します。

デフォルトの音声認識設定を構成

音声エンジンの選択、タイムアウトと信頼レベル、および曖昧なプロンプトの動作を管理します。