デフォルトのメニュー設定を構成


コール フローのメニューを設定できます。コール フロー内で [設定] > [メニュー] をクリックします。 この領域のコントロールにより挨拶が再生される回数を設定できます。この回数の再生が終了すると、Architect によりコントロールがメニューのデフォルト ノード (ある場合) に移行されます。音声ガイダンスが繰り返されるまで、発信者の入力を待つ時間 (秒数) も設定できます。 

メモ:各メニュー選択内の設定を上書きすることができます。
名前 説明および使用

メニューを繰り返す回数

メニュー ガイダンスが再生される回数を設定します。この回数の再生が終了すると、Architect によりコントロールがメニューのデフォルトのメニュー設定 (ある場合) に移行します。デフォルトは 3 回です。

反復前の待機時間 (秒) 

メニューの音声ガイダンスがもう一度再生されるまで、Architect が発信者の選択を待機する時間 (秒数) を設定します。デフォルトの間隔は 10 秒です。 

内線発信のリッスン 

Sets up processing that Architect interprets to handle multiple incoming digits as extension numbers, rather than as menu selections. Within a menu, if someone dials a series of digits, Architect can determine whether or not the person is dialing an extension. This option is enabled and True by default. Select False to disable this option. Enabling this feature directs the system to listen for user extensions. Standalone phones are not included unless you configure the extension in PureCloud. For more information, see Configure line keys for a standalone phone.

内線番号ダイヤル用の最大遅延 

発信者が内線番号の次の数字を入力するまで Architect が待機する時間を秒数で設定します。この時間内に Architect が別の数字を検知した場合、その数字はメニュー選択ではなく内線番号の数字の 1 つと見なされます。そのため、Architect は指定された時間内に別の数字が入力されるのを待ちます。デフォルト間隔は 1 秒です。 

メモ:[内線番号ダイヤルを聞く] を [True] に設定している場合、メニュー選択タイムアウト値は [内線番号ダイヤル用の最大遅延 (秒)] よりも大きな値に設定します。