音声認識の既定値を設定


コール フローの一般設定内で、音声認識設定を構成することができます。これらの設定はコール フローの [設定] 領域の [音声認識] セクションで使用可能です。

名前 説明および使用

フロー全体で音声認識を有効にします。

このボックスをクリックすると、発信者はフロー内で口頭で選択を示すことができます。

社員名簿音声認識

[フロー全体の音声認識を有効にする] が選択されていないと、この機能は無効です。オプションで、フロー全体、もしくはメニューやタスク開始のために社員名簿音声認識を有効にするように選択します。

By default, company directory speech recognition is enabled for new flows. When enabled, callers are not be prompted to say the name of the person they want to reach. Architect does not provide automatic prompts for use when this feature is enabled--you must include instructions for the user in your recorded prompts.

最小信頼度

最小信頼度、または語句の最高スコアを調整して、検索条件に一致させる必要があります。

一致タイムアウトの完了

発信者が有効な音声入力をして発話を停止した後、システムが明確な一致を返すまでの最大待機時間を設定します。

未完了な一致タイムアウト

発信者が発話を停止し、口頭の選択無効である場合に、システムが一致結果がないことを示すまでの待機時間を選択します。

最大音声認識の長さ

発信者が言葉を言う時間の長さを選択します。

無効またはあいまいな入力のプロンプト

音声合成エンジンが一致結果とプロンプトの再生順序を検出できない場合に発信者に再生するメッセージを設定します。デフォルトのシステム プロンプトおよびデフォルトの再生順序を与えられた通りに使用するか、任意であなた自身のプロンプトで置き換えて再生します。メッセージの再生順序を調整、追加または除去することができ、カスタムの音声シーケンスを作成することができます。