プロンプトリソースの設定


Architect では、プロンプトは基本的に発信者をインタラクションを通して案内するために選択するプロンプト リソースのコンテナーです。 プロンプトは、操作が必要なとき、またはプロセスが完了するときに発信者に伝えるオーディオ メッセージです。例えば、コントロールがメニューに渡されたとき、またはコールがワークグループに転送されたときに、Architect はプロンプトを再生します。通常、プロンプトは発信者に何をすべきかを指示します。プロンプト リソースは録音オーディオ ファイルまたは、プロンプト内で指定する音声合成の語句です。 

録音済み .wav オーディオ ファイルをアップロードしてユーザー コール プロンプトとして使用するこができます。また、コンピューターまたはデバイスにマイクが搭載されている場合、ブラウザからオーディオ プロンプトを .wav 形式で録音することもできます。音声合成をプロンプト リソースに追加することもできます。

関連する手順

ページ 設定できる機能

オーディオ ファイルのアップロード

.wav オーディオ ファイルをアップロードしてコール プロンプトとして使用する方法を学びます。

ブラウザからプロンプトを録音

コンピューターまたはデバイスにマイクが搭載されている場合は、ブラウザから .wav 形式でプロンプトを録音することができます。

テキストの音声合成をプロンプトに追加

TTS、またはテキストの音声合成を使用して、Architect が音変更し発信者に読み返す単語または語句を入力します。

オーディオ シーケンスをセットアップ

オーディオ要素の順序付けられたシーケンスを設定します。