Verint WFM RTA 統合を構成します。


To use the Verint WFM RTA integration, add configuration properties and instances of the connector on the Connector Details page.

メモ: 設定を変更した場合は、コネクターの再起動が必要です。

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Integrations, click Bridge.
  3. [コネクター] タブをクリックします。
  4. 既存のコネクターの [グループ名] をクリックします。 

[コネクターの詳細] ページが表示されます。

  • On the Connector Details page, click the Configuration tab. 
  • Add values for the following properties:
    • Available State Code: state code (agentMode) sent when agent goes into an Available presence. (The agent is not On Queue.)
    • Busy State Code: state code (agentMode) sent when agent goes into a Busy presence
    • Away State Code: state code (agentMode) sent when agent goes into an Away presence
    • Break State Code*: state code (agentMode) sent when agent goes into a Break presence
    • Meal State Code*: state code (agentMode) sent when agent goes into a Meal presence
    • Meeting State Code*: state code (agentMode) sent when agent goes into a Meeting presence
    • Training State Code*: state code (agentMode) sent agent goes into a Training presence
    • Login State Code: state code (agentMode) sent when agent logs in
    • Logout State Code: state code (agentMode) sent when agent logs out
    • On Queue State Code: state code (agentMode) sent when agent goes On Queue
    • Not Responding State Code: state code (agentMode) sent when agent is On Queue but did not answer an alerting interaction
    • Communicating State Code: state code (agentMode) sent when agent is On Queue but is on a non-ACD interaction
    • Log Name: unique name (for example, verint-wfm-rta-integration) given to the log file created for this connector

      メモ: ブリッジの同じサーバーで複数のコネクタのグループを実行する場合は、ログ名の値がコネクタのグループごとに一意であることを確認します。 ログ名の値は、1 つの別からコネクタのグループのログ ファイルを区別します。

    • キューを監視: キューのプレゼンス変更を監視
    • Vendor Default Port (optional): port (default 12000) used to connect to Verint

      メモ: 複数 Verint WFM RTA 統合コネクタのグループは、同じブリッジ サーバーにいる、コネクタのグループごとに別のポートを使用します。 

    * Secondary presences added to these main presences (Break, Meal, Meeting, Training) all return the state code of the main presence. For example, secondary presences such as Breakfast, Lunch, and Dinner under Meal all return the Meal State Code.

  • 保存をクリックします。

構成を保存した後には、コネクタのインスタンスを追加します。

  1. [コネクターの詳細] ページで [インスタンスの追加] をクリックします。
  2. [サーバーを設定] をクリックします。
  3. [Bridge サーバー]を選択して[保存]をクリックします。
  4. [有効] ボタンをクリックします。ボタンが [オン] に変わります。次に [有効なコネクター インスタンス] ウィンドウで [はい] をクリックします。
  5. コネクターをオンにするには、[管理] の下の [開始] ボタンをクリックします。 
  6. 複数のインスタンスを作成するには、この手順を繰り返します。