就業のコネクタを構成します。


  1. コネクターの詳細] タブをクリックします。
  2. [資格情報] をクリックします。 構成します。 コネクタ認証勤務時間ユーザーの資格情報を追加します。
  3. [設定] タブをクリックします。
  4. [プロパティ] で、以下のデータを入力します。

    このフィールドでは... 入力情報
    Service Base

    Enter the base service name for the Workday web services. The default is https://wd5-services1.myworkday.com.

    Note: If you do not know the base service name (and tenant name) for the Workday web services for your organization, find it in Workday or contact your Workday administrator. 

    Tenant Name Enter the tenant name assigned by Workday. Tenant name is the portion of the URI after /wd5-services1.myworkday.com/ when using browser login for Workday, for example, stateofindiana. This field is case sensitive.
    Workday ID Filter If you do not want all Workday users to sync with PureCloud, enter a filter with the subset of users to include. The value is a comma or semicolon separated list of Workday IDs, or regular expression starting with ‘regex:’.
    ログ レベル

    ログに含む詳細レベルを選択します。

    • DEBUG — デバッグに最も役立つ詳細な情報イベント。
    • TRACE — DEBUG よりも詳細な情報イベント。
    • INFO — 詳細度の低いレベルで進捗状況をハイライトする情報メッセージ。
    • WARN — 危険性のある状況に関するメッセージ。
    • ERROR — アプリケーションの実行を継続する可能性があるエラー イベント。
    • FATAL — アプリケーションの中止につながる深刻なエラー イベント。 
  5. In Advanced, edit the mappings to match your profile synchronization scheme. For a comprehensive list of mappings for Workday default and additional fields, see Workday Connector external fields.

    ヘルプが必要な場合は、「JSON 設定を編集」を参照してください。

  6. この設定を後で編集するするには [ドラフトを保存] をクリックし、設定を Bridge コネクターに送信するには [保存と公開] をクリックします。