Contact list form script component


このコンポーネントは、エージェントが連絡先リストのデータを更新するのに使用できるシンプルなフォームを挿入します。フォームはテキスト ボックス コントロールというラベルが付いた縦方向のリストで、連絡先リストの各列に 1 つあります。

  1. As a prerequisite, you must associate the script with the contact list used by an outbound campaign. Otherwise, the icon for inserting a form is hidden. For more information about choosing a contact list for the script’s Outbound property, see the Suggested content. 

  2. Click the Contact List Form icon on the component toolbar.

    入力コンポーネントが連絡先リストの各列に追加されます。

    連絡先リスト フォームの例

  3. 項目を追加または削除することはできませんが、コンポーネントのプロパティを設定することはできます。



    幅は、固定サイズに設定したり、表示内容の必要性に応じて拡大することができます。またはサイズ調整に影響を与える加重を使って、他のコンポーネントに比べてできる限り多くのスペースを使用することができます。

    設定 説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ変更により、コンポーネントの内容に従って、そのサイズを縮小または拡大できます。例えば、ラベルの幅はテキストの量に応じて拡大することができます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与える加重を使い、他のコンポーネントと比べてできる限り多くのスペースを 1 つのコンポーネントに使用できます。

    2 つのコンポーネントがストレッチに設定されていると、デフォルトでどちらのコンポーネントにも残りのスペースの 50% が割り当てられます。この比率は加重値を変更して調整できます。

    例えば、コンポーネントの 1つに 200 の重みを付け、もう 1 つに 100 の重みを付けると、最初のコンポーネントが残りのスペースの 3 分の 2 を使用し、もう 1 つは 3 分の 1 を使用することになります。最初のコンポーネントの加重は 2 つめのコンポーネントの加重の 2 倍のため、最初のコンポーネントは 2 つめのコンポーネントの 2 倍のサイズになります。

    settings-sizing-pixels ピクセルで固定サイズを設定します。ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。



    高さは、固定サイズに設定したり、表示内容の必要性に応じて高くすることができます。またはサイズ調整に影響を与える加重を使って、他のコンポーネントに比べてできる限り多くのスペースを使用することができます。

    設定 説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ変更により、コンポーネントの内容に従って、そのサイズを縮小または拡大できます。
    settings-sizing-pixels ピクセルで固定サイズを設定します。ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与える加重を使い、他のコンポーネントと比べてできる限り多くのスペースを 1 つのコンポーネントに使用できます。

    2 つのコンポーネントがストレッチに設定されていると、デフォルトでどちらのコンポーネントにも残りのスペースの 50% が割り当てられます。この比率は加重値を変更して調整できます。

    例えば、コンポーネントの 1つに 200 の重みを付け、もう 1 つに 100 の重みを付けると、最初のコンポーネントが残りのスペースの 3 分の 2 を使用し、もう 1 つは 3 分の 1 を使用することになります。最初のコンポーネントの加重は 2 つめのコンポーネントの加重の 2 倍のため、最初のコンポーネントは 2 つめのコンポーネントの 2 倍のサイズになります。




    コンポーネントは、親コンテナーを基準にして、左揃え、右揃え、中央揃えにできます。

    ヒント: 親コンテナーの高さ設定が [自動サイズ変更] に設定されている場合、コンポーネントは垂直方向を基準にして中央揃えにすることはできません。これを修正するには、親コンテナーの高さを [ストレッチ] にするか、ピクセルで固定の高さに設定します。 
    設定
    align-left2 align-left-example2
    align-center2 align-center-example2
    align-right2 align-right-example2
    align-start align-start-example
    align-vertical-center align-vertical-center-example
    align-vertical-end align-vertical-end-example



    境界線の周りの上下左右のスペースに設定されている余白。

    画像は、余白、境界線、およびスペース設定の関係を示しています

    1. オプションで、すべての余白の値を一度に更新するには、プロパティ パネルで [余白] の [すべて設定] ボタンを押します。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 余白の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピン コントロールを使って、余白を増加または減少します。[すべて設定] が選択されていると、変更はすべての余白に適用されます。

      settings-margin-spinner

      コンポーネントは新しい余白設定に応じて即座に再配置されます。




    ブール型 (True または False) 変数の値に基づいて、コンポーネントを表示または非表示にします。

    1. [レイアウト] プロパティ グループをクリックします。[表示可能] の下にある [変数を選択] をクリックします。

    2. Select a variable, or optionally create a new Yes/No variable. Then assign that new variable to the Visible property.

    3. 実行時に、変数が True の場合は、コンポーネントが表示されます。逆に、変数の値が False であれば、コンポーネントは非表示になります。




    スペースは内側の罫線と内容の間のスペースを定義します。「余白」は罫線の外側の空間を設定し、「スペース」は罫線の内側に空間を追加します。

    padding_vs_margin

    1. オプションで、すべてのスペースの値を一度に更新するには、プロパティ パネルで [スペース] の [すべて設定] ボタンを押します。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 罫線項目の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピン コントロールを使って、罫線の幅を増加または減少します。[すべて設定] が選択されていると、変更はすべての値に適用されます。

      図は、罫線設定の値を変更する方法を示しています

      コンポーネントは新しいスペース設定に応じて即座に再配置されます。