継続的デリバリー モデル


PureCloud 製品は、継続的デリバリー モデルを使用しています。大量の変更を年に 2 ~ 3 回まとめてリリースする代わりに、変更を加えるごとに継続的にリリースしています。更新が当社の品質基準を満たすことが確認され次第、更新を本番にプッシュします。問題が検出された場合には即時展開をロールバックして、サービスのダウンタイムなしで問題に対処します。

この配布モデルによりユーザーの体験を中断することなく小量の変更を必要に応じて展開できるため、PureCloud を迅速に開発、テスト、リリースできる柔軟性が得られます:

  • ユーザビリティの強化 — 当社のユーザー エクスペリエンス チームは、PureCloud がより有益で使いやすくするための新しい方法を常に探り続けています。
  • パッチ — エンジニアリングと品質管理チームが協力し合うことで製品の円滑な稼動を維持します。
  • セキュリティ更新 - 情報セキュリティ チームは、サイバースペースで進化を続ける脅威に目を光らせ続け、必要なときに必要に応じて防御戦略を調整します。
  • リリース センター更新 - ドキュメントおよび教育担当チームは毎週リソース センターのコンテンツを更新します。

カスタマーにとっては、継続的な配布は特定バージョンにロックされないことを意味します。 当社のサービスをサブスクライブすると、最新バージョンを入手し、サブスクリプションのライフサイクル中を通して常に最新バージョンを所有することになります。

See Benefits of Continuous Integration-Continuous Deployment (CI-CD) for more information.