著作権侵害に関する通知と措置


Interactive Intelligence (以下 "Interactive" と言う)は、他者の知的財産権を尊重するとともに、Interactive PureCloudSM コンテンツ管理サービス(以下"サービス"と言う)のユーザーにも同様に尊重することを求めています。サービス利用に際しては、他者と共有する法的権利のあるファイルのみアップロードや提出、保存および/または送信を認めるものとします(例えば、自分で作成した文書やプレゼンテーション、そして写真など)。

メモ: ファイルは、その著作権を有していない限り、または著作権所有者から文書にて許可を得ていない限り、それを共有することはできません。特定のファイルを共有する法的な権利があるかがわからない場合は、共有すべきではありません。

本サービスを利用することにより、あなたは次を表明および保証することとします: (i) サービスにアップロードされるファイルが、サービスの利用条件に違反していないこと; および (ii) サービスにアップロードされるすべてのファイルに対して、すべての著作権を有しているか、著作権の所有者から当該ファイル共有の許可を得ていること。Interactive は、著作権を繰り返し侵害したユーザー、またはそのアカウントが複数の侵害の申し立ての対象となっているユーザーについては、このアカウントを終了します。


1998 年米国デジタルミレニアム著作権法 (17 U.S.C.) 第512条以下の各条に従い、Interactive はそのサービスを使用して行われた著作権侵害の主張に対しては、それが下記の デジタルミレニアム著作権法 (DMCA) 被疑侵害通知の要件に準拠して Interactive に通知されている限り、迅速に対応します。その著作権所有者、または著作権所有者に委任された代理人や著作権に基づく専有権に従って委任された代理人は、下記のすべての手順に従って、サービス上またはサービスを通じて行われた著作権の被疑侵害を報告してください。かかる通知の受領後、Interactive はその単独の裁量により、適切と考える措置をとるものとします。これには、侵害されたコンテンツのサービスからの削除や、当該コンテンツへのアクセスの停止なども含まれます。

DMCA 被疑侵害通知 (以下「通知」)の要件

  • 侵害を主張する際は、著作物を明確にしてください。本通知の対象となるものが複数の著作物にわたる場合は、それら著作物の一覧を提出することもできます。
  • 著作権が侵害されている著作物またはリンク(または侵害行為の主体)、そしてアクセスが無効化されるべき対象またはリンクを特定してください。また、最低でも(該当する場合は)サービス URL または当該著作物が存在するその他の正確な場所を特定してください。
  • (該当する場合は)提携先企業と、住所、電話番号、及び本通知に関する連絡先となる人のメールアドレスを記してください。
  • 通知の本文には、以下の声明を両方とも含めます:
    • 「私は、ここに記述する著作物に対する問題の利用は、著作権の所有者、その代理人または法律によって承認されていない(つまり公正使用ではない)ことを、誠実な信念としてここに主張します。」
    • 「私は、偽りの場合偽証罪に問われることを承知の上で、本通知の情報が正確であり、ここに侵害を申し立てている著作権または著作権に基づいた専有権の所有者であること、または所有者の代理人として行動することを承認されている者であることをここに主張いたします。」
  • これには、あなたの正式な氏名と共に、電子署名または物理的署名を添付してください。
  • すべての項目を記入したら、本通知を Interactive 指定の代理人に送付します。
    • 郵送:

Interactive Intelligence, Inc., Attn:  Legal Department

7601 Interactive Way

Indianapolis, IN 46278

虚偽の請求は禁止されています。この通知プロセス悪用は、アカウントの停止および/または法的結果を招く場合があります。


本情報は、法的な助言ではなく、またそのようなものとして解釈されるべきでもありません。Interactive は、通知を提出する前に中立した法律相談を受けられることをお勧めします。