フローを作成します。


あなたの役割に Architect ユーザー エディター権限または管理者権限が与えられている場合、Architect でフローを作成することができます。新規フローを追加するときは、次のことを考慮します。

  • 新しく作成されたフローは、表示されるまで数秒かかることがあります。 作成者は通常フローをすぐに設定しようとするので、この遅れに気付かないときがあります。 現在のリストを更新するには、Architect ホームページで更新ボタンをクリックします。
  • フロー、プロンプト、または同じタイプの操作で重複する名前を付けることはできませんが、タイプが異なる場合は同じ名前を使用できます。例えば、1つのインバウンドフローと1つのアウトバウンドフローに「Main」という名前を使用できますが、2つ目のインバウンドフローには使用できません。

役割とアクセス許可の詳細については、下記にある推奨記事を参照してください。

メモ:フローを最初に作成するときには、Architectは、御社のデフォルト言語を選択します。フローを作成ダイアログ ボックスで、御社のデフォルト言語とは異なる言語が選択された場合、Architectではその新しいフローにのみその言語が適用されます。



  1. From the Architect Home page, click the Inbound Flow tab.
  2. Click Add. The Create Flow dialog box opens.
  3. In the Name field, enter a unique name for the flow.
  4. [説明] フィールドに、オプションで簡潔な文章や語句などを追加し、このフローについて説明します。
  5. [デフォルトの言語] リストの端にある矢印をクリックし、デフォルトでサポートされるフローの言語を選択します。
  6. [フローを作成] をクリックします。 フローの設計ページを開きます。


Architect supplies a built-in Default In-Queue Flow, but you can create and use additional in-queue flows to suit your company specifications and preferencesYou cannot edit the name or description of the default in-queue flow, but you can modify the default behavior according to your flow design. When you edit and republish an existing flow, Architect saves the changes and puts the configuration into effect immediately.

デフォルトのキュー内フローは自動的には公開されません。このフローを使ってキューでコールの大気を処理するには、そのフローをまず公開する必要があります。

You cannot delete the default in-queue flow, and you cannot edit the name or description of the default in-queue flow. However, if you have the Architect user editor or admin permission assigned to your role, then you can modify the default behavior according to your flow design.

  1. Architectホーム ページ] をクリックします インキュー フロー タブ。
  2. [追加] をクリックします。[フローの作成] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. [名前] フィールドに、一意のアウトバウンド コールフロー名を入力します。
  4. [説明] フィールドに、オプションで簡潔な文章や語句などを追加し、このフローについて説明します。
  5. If this is your first flow, or to change the default language, click the arrow at the end of the Default Language list and select one of Architect's supported languages.
    Note: To use a default language not supported by Architect's supported languages, add it in the flow's Settings area under Supported Languages. For more information, see the Related articles.
  6. Optionally configure the in-queue flow's default settings.
  7. キュー タスク デザイン領域でクリックして、 音楽を保持します。 タスク シーケンスのアクション。 キュー タスク エディターが開きます。
  8. Build the in-queue flow task according to your design.
  9. 検証し、インキュー フローを公開します。


  1. Architect ホームページで [アウトバウンド フロー] タブをクリックします。
  2. [追加] をクリックします。[フローの作成] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. [名前] フィールドに、一意のアウトバウンド コールフロー名を入力します。
  4. [説明] フィールドに、オプションで簡潔な文章や語句などを追加し、このフローについて説明します。
  5. If this is your first flow, or to change the default language, click the arrow at the end of the Default Language list and select one of Architect's supported languages.
    Note: To use a default language not supported by Architect's supported languages, add it in the flow's Settings area under Supported Languages.
  6. [連絡先リスト] をクリックして、アウトバウンド フローに関連付ける連絡先リストを選択します。
  7. [デフォルト ラップアップ コード] をクリックして、このアウトバウンド フローに関連付けるラップアップ コードを選択します。
  8. Click Create Flow. The flow's Outbound Flow page opens.

Now, you can design the flow and configure outbound settings. For more information on outbound flows and outbound dialing, including contact lists and wrap-up codes, see About outbound dialing.


  1. From the Architect Home page, click the Secure Call Flows tab.
  2. [追加] をクリックします。[フローの作成] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. In the Name field, type a unique name for the secure flow.
  4. [説明] フィールドに、オプションで簡潔な文章や語句などを追加し、このフローについて説明します。
  5. If this is your first flow, or to change the default language, click the arrow at the end of the Default Language list and select one of Architect's supported languages.
    Note: To use a default language not supported by Architect's supported languages, add it in the flow's Settings area under Supported Languages.
  6. Under Is this an agent-initiated Secure Call Flow, do one of the following:
    • If the flow is agent-initiated, leave the default Yes, it will only be initiated by agents option unchanged. In this instance, the secure flow ends with the Return To Agent action.
    • If other call flows use the Transfer to Secure Flow action to access this flow, select No, other call flows will initiate this secure flow using the 'Transfer to Secure Flow' action option. In this instance, the secure flow ends with the Disconnect action.
  7. Click Create Flow. The flow's Secure Call Flow page opens.

Now, you can design the flow and configure secure flow settings.

Note: For transfer actions included in secure flows, PureCloud overrides the defined failure path and disconnects the call. The normal consultation VXML transfer type can be problematic in secure flows; therefore PureCloud uses blind transfers. For more information, see the W3C Recommenation for the <transfer> element. This behavior occurs in transfers to ACD, user, external numbers, group, other flows, and voicemail.



  1. From the Architect Home page, click the Inbound Email Flow tab.
  2. Click Add. The Create Flow dialog box opens.
  3. In the Name field, enter a unique name for the flow.
  4. [説明] フィールドに、オプションで簡潔な文章や語句などを追加し、このフローについて説明します。
  5. Click the arrow at the end of the Error event transfer Queue list and select the a queue in which to transfer the flow in the event of an error.
  6. [フローを作成] をクリックします。 フローの設計ページを開きます。