簡単なメニューの選択肢を作成


メニューは発信者が押したキーに基づいてコールを処理する 1 つ以上のメニュー エントリのコレクションです。 メニューは発信者に選択肢を示します。Architect では、メニュー選択肢は数字および任意の音声認識と結びついているノードで、オプションで、発信者にオプション リストを示します。

例:メニュー オプションを作成

どのメニューからでも 2 を押すと、別の電話番号を持つサービス部署に転送する発信者用のメニュー オプションを作成します。音声認識設定を含めると、Architect が発信者を適切な部署に誘導し、発信者が指定された音声認識の用語のいずれかを使用するときに転送アクションを開始するのに役立ちます。

  1. ツールボックスで [転送] カテゴリーを展開し、[番号へ転送] アクションをメニューの希望の場所にドラッグします。
  2. [転送] 設計領域の名前フィールドに、「営業に転送」を入力します。
  3. DTMF ボタンをクリックして 2 を選択します。
  4. [音声認識] フィールドで、以下を行います。
    1. 営業」を入力して、Enter をクリックします。
    2. 情報」を入力して、Enter をクリックします。
  5. [DTMF はどのメニューからも、このメニューの選択項目に進む] のチェック ボックスを選択します。
  6. [音声認識の用語がすべてのメニューからこのメニュー選択に進む] のチェック ボックスを選択します。
  7. [転送前オーディオ] フィールドに「お電話をおつなぎしますのでお待ちください」と入力します。
  8. [名前] フィールドに、会社のサービス部署に繋がる完全な電話番号を入力します。
  9. [検証] をクリックし、[公開] をクリックします。