Create a profile field synchronization scheme


Prerequisite: Make sure to understand the default field mappings for the connector. See Default field mappings.

If you plan to customize Bridge synchronization of profile fields, it is useful to first map your data synchronization scheme. When you configure the connector, you use the information from your profile synchronization scheme to edit the JSON configuration.

  1. 以下のようなテーブルを作成します。

    データ ソース フィールド名 同期 PureCloud フィールド名
    名前
    役職
    勤務先のメール
  2. Name the left column after the source of your data, for example, Active Directory, CIC, REST, SQL, or Workday.
  3. 以下のように、PureCloud のプロフィールで同期するデータとそのフィールド名をすべてリストに示します。

    Active Directory フィールド名 同期 PureCloud フィールド名
    名前 User.Name
    役職 User.Title
    勤務先のメール User.Mail
    部署 User.Department
    直属の上司 User.Manager
    プロフィールの写真 User.ThumbnailPhoto
    勤務先の電話番号 User.TelephoneNumber
    住所 User.Address
  4. 右側の列に PureCloud フィールド名を追加します。

    Active Directory フィールド名 同期 PureCloud フィールド名
    名前 User.Name general.name
    役職 User.Title general.title
    勤務先のメール User.Mail contactInfo.email_work
    部署 User.Department general.department
    直属の上司 User.Manager relationships.manager
    プロフィールの写真 User.ThumbnailPhoto images.profile
    勤務先の電話番号 User.TelephoneNumber contactInfo.phone_work
    住所 User.Address general.address
  5. 同期列で、各フィールドに以下のいずれかを指定します。

    Active Directory フィールド名 同期 PureCloud フィールド名
    名前 User.Name ex2in general.name
    役職 User.Title ex2in general.title
    勤務先のメール User.Mail ex2in contactInfo.email_work
    部署 User.Department ex2in general.department
    直属の上司 User.Manager 2way_ex relationships.manager
    プロフィールの写真 User.ThumbnailPhoto in2ex images.profile
    勤務先の電話番号 User.TelephoneNumber ex2in contactInfo.phone_work
    住所 User.Address in2ex general.address