シリーズ: スケジュールの追加とIVRルーティングの設定

スケジュール グループを作成


スケジュールの定義づけと管理は面倒です。このプロセスに役立つよう、貴社の IVR 時間管理方法に柔軟性を持たせることができるスケジュール グループを伴うスケジュールを使用します。 スケジュールは時間のブロックで、これに合わせて IVR ルートが選択されます。スケジュール グループにより、複数のスケジュールをまとめ、これらを単一の IVR ルーティング定義と関連付けることができます。 スケジュールを指定したタイムゾーンに割り当て、タイプによってグループにまとめることができます。タイプは、空いている時間、または埋まっている時間に限定されます。 

スケジュール グループ作成の際、個々のスケジュールを単一のグループにまとめたり、スケジュールを指定したタイムゾーンに割り当てたり、スケジュールをタイプでグループ化したりすることができます。各スケジュール グループには、空いているスケジュールが最低 1 件なければなりません。

  • Architect admin, Architect editor, or Architect read-only permission assigned to any user role

必要条件

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Telephony, click IVR Routing.
  3. [スケジュール グループ] タブを選択します。
  4. [新規作成] をクリックします。 [スケジュール グループの作成]ページが開きます。
  5. [スケジュール グループ名] ボックスに、グループ化されたスケジュールを示す固有の名前を入力します。 この名前は [スケジュール グループ] タブのエントリ リストに表示されます。
  6. [タイムゾーン] リストで、グループ化されたスケジュールを適用するタイムゾーンを選択します。
  7. [業務時間スケジュール] で、業務時間として指定するスケジュールを選択します。 
    メモ: [除外] リストで定義されているスケジュールが、業務時間スケジュールよりも優先されます。
    1. [スケジュールを追加] ボックスをクリックします。
    2. スケジュールの最初の数文字を入力します。
    3. リストでスケジュールを選択します。
  8. 任意で、空いているスケジュールと関連付けたいスケジュールにつき 1 つずつステップ 6 を繰り返します。
  9. オプションで、業務時間スケジュールから除外するスケジュールを [業務時間外スケジュール] で選択します。
    メモ:別のスケジュールで設定された時間を上書きする場合に、除外機能は便利です。例えば、祝日や緊急などの場合です。
    1. [スケジュールを追加ボックスをクリックします。
    2. スケジュールの最初の数文字を入力します。
    3. リストでスケジュールを選択します。 
  10. 任意で、埋まっているスケジュールと関連付けたいスケジュールにつき 1 つずつステップ 8 を繰り返します。
  11. [スケジュール グループの保存] をクリックします。


スケジュールの繰り返し設定の構成 :前のおすすめアーティクル 次のおすすめアーティクル: フローのルーティングを設定