判断のアクション


条件が true であるかどうかにより、タスク アクションの判断要素を使用してプロセス分岐を作成します。条件が true の場合、プロセスは「はい」の方向に進みます。条件が false の場合、プロセスは「いいえ」の方向に進みます。

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

典型的な条件の例:

  • ブール変数は true の値です。
  • 整数変数は 10 と等しいです。
  • 現在の日付は期限日の後です。
名前 説明
判断  判断アクションの示差的な名前を入力します。
アクションが取る経路を決めるための値を設定します。