切断のアクション


切断は、発信者がメニュー システムを終了し、通話をただちに終了できる方法を提供します。切断オプションを提供することで、発信者はコールを終了する適切なタイミングを知ることができます。  

オプションとして、コールの切断前に発信者に終了の合図となるオーディオを再生することができます (例:「お電話ありがとうございました」など)。  終了パスのないメニューに発信者を残してしまうと、発信者は困惑してこのシステムを嫌うことがあります。 コールの切断前のオプションとしてのオーディオ ファイルの再生はタスク シーケンスにのみ適用されます。メニュー選択にオーディオ再生を追加することはできません。

The Disconnect action can be used in menu choices and task sequences.  When you use an action in a menu choice, Architect provides additional settings such as DTMF and speech recognition. For more information about additional menu choice settings, see the Suggested content.

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

名前 説明
名前フィールド アクションの示差的な名前を入力します。ここで入力するラベルはコール フロー構造に表示されるアクションの名前になります。