メニューの選択肢に DTMF と音声認識を設定


アクションの一部はメニューの選択肢とタスク シーケンスの両方で使用できます。メニューの選択肢にアクションを追加するとき、Architect により DTMF や音声認識などの追加設定が提供されます。タスク シーケンスでアクションを使用するときには、これらの設定は使用できません。

以下の表で追加のメニューの選択肢の設定を説明しています。

名前 説明
DTMF ボタン

発信者が操作を完了するために押すキーを選択するにはDTMF ダイヤルパッドをクリックします。 リストには、グローバルでまだ使用されていない数字、またはメニューのこのレベルにはない、使用可能な数字のみが表示されます。 数字を割り当てないと、ユーザーは直接この操作を使用することはできません。

例えば、[オペレーターに転送] のメニュー選択にグローバル DTMF の 0 を 設定すると、すべてのメニューで 0 が使用できなくなります。

[音声認識] フィールド

メニュー オプションに関連付けられる単語または語句を設定します。発信者は電話で数字を押す代わりに IVR に口頭で希望のオプションを述べることができます。発信者が同じ要請をさまざまな形で述べるのと同様に、あなたも各項目に複数の単語や語句を入力することができます。例えば、発信者は「資金を転送」または「資金、転送」などのようにリクエストできます。

音声認識の用語を追加する場合、コール フロー図のメニュー選択の横に音声バブル アイコンが太字で表示されます。 

Show all languages
or
hide languages

[設定] 領域の [サポートされた言語] コンテナで複数の言語を設定する場合、[すべての言語を表示] をクリックし、サポートされた言語ごとに単語と語句を設定します。コール フロー フォームの表示から、これらのフィールドを除去するには、[言語を非表示] をクリックします。

メモ:1 つの言語に音声認識を設定する場合、サポートされた他のすべての言語にも設定する必要があります。サポートされたすべての言語に音声認識が設定されていないと、フローを公開することができません。
DTMF はすべてのメニュー チェック ボックスからのこのメニュー選択に進みます。

発信者がコール フローのいずれかの時点でこのキーを押した時に、発信者に即時に現在のメニュー操作を提供するには、このチェック ボックスを選択します。

このオプションを選択すると、コール フロー図のメニュー選択の横の DTMF アイコンが太字で表示されます。

音声認識の用語がすべてのメニュー チェック ボックスからこのメニュー選択に進みます。

音声認識がコール フローのいずれかの時点で口頭によるリクエストに一致した場合、発信者に即時に現在のメニュー操作を提供するには、このチェック ボックスを選択します。

このオプションを選択すると、コール フロー図のメニュー選択の横の音声認識のバブル アイコンが青色で強調表示されます。