コール分析応答を編集


  1. 管理をクリックします。

  2. Under Outbound Dialing, click Call Analysis Responses.

  3. [名前] の列のリンクをクリックし、プロパティを表示します。

    図は、エントリ名を開いて編集するためにクリックする場所を示しています

    図は、エントリのプロパティを示しています

  4. (Optional) Rename the entry using the Call Analysis Response Name box. This name can contain spaces and special characters, but it must be unique.

  5. オプションで、[応答アクション] の下で、コール分析結果ごとに異なるアクションを選択します。

    • 切断では、コールが切断されます。

    • 転送はコールをキャンペーンのキューへ返し、次の応答可能なエージェントがこれに応答することができます。

    • アウトバウンド フローへ転送では、選択したアウトバウンドにコールを転送します。Architect を使って、事前にアウトバウンド フローを作成します。

  6. (Optional) If you do not want the system to distinguish between a live voice and an answering machine, click Disable Answering Machine Detection. When the call connects, the system transfers it without evaluating for a machine. 
  7. 保存をクリックします。