勤務時間同期の適切なユーザーの資格情報があることを確認します。


勤務時間コネクタのセットアップを完了する次のよう必要があります。

  • 勤務時間から有効になっている web サービス
  • An activated integration account in Workday with the following permissions:

    操作 ドメイン セキュリティ ポリシー 継承されたアクセス許可をドメイン セキュリティ ポリシー 機能エリア
    Read Only  を設定します。 スキルと経験 才能のコア
    Read  Only 労働者のデータ: 公共労働者レポート 人材派遣
    Read Only 労働者のデータ: 現在の人材派遣情報 人材派遣
    Read and Write 労働者のデータ: ホーム連絡先情報

    Worker Data: Home Instant Messenger

    Worker Data: Home Phone

    Worker Data: Home Web Address

    Worker Data: Social Networks

    連絡情報
    Read and Write* 労働者のデータ: 名 連絡情報
    Read and Write 労働者のデータ: 連絡先情報

    Worker Data: Work Instant Messenger

    Worker Data: Work Phone

    \Worker Data: Work Web Address

    連絡情報
    Read and Write 労働者のデータ: 個人的な写真 個人データ
    Read and Write* 労働者のデータ: 自宅の住所 連絡情報
    Read and Write* 労働者のデータ: 自宅の電子メール 連絡情報
    Read and Write* 労働者のデータ: 法律名 連絡情報
    Read and Write* 労働者のデータ: 優先する名前 連絡情報
    Read and Write* 労働者のデータ: 勤務先の住所 連絡情報
    Read and Write* 労働者のデータ: 仕事用の電子メール 連絡情報
    Read and Write 労働者のデータ: 個人情報 個人データ

    * The Workday Connector currently does not use Read for these functional areas.

    重要。
    • Write is only required for in2ex or 2way mappings. Read is sufficient for ex2in-only mappings. See Default field mappings below for explanations of mapping types.
    • 標準ユーザー アカウントは、Web サービスとうまくはいきません。 それは、統合アカウントをある必要があります。

  • A service account for the Bridge Server. Workday does not support NTLM authentication, so there are no special service account requirements.