Series: Bridge actions in the Zendesk data dip connector

Example call flow for the Zendesk data dip connector


The following describes an example call flow in Architect that uses a bridge action with the Zendesk data dip connector.

In this example call flow, the IVR plays audio messages based on information that the connector group retrieves from a CRM. The connector group retrieves this information by calling a bridge action (ExampleContactByPhoneNumber) that is associated with the connector action GetContactByPhoneNumber.

  1. クエリ CRM と呼ばれるタスクで、コネクタ アクション GetContactByPhoneNumberを CRM のANI コールブリッジアクションを検索します。 IVR は、CRM の連絡先に関する情報を返します。
    1. Call Bridge アクションが成功すると、Architect は決定ツリーに進みます。(手順 2 を参照。)
    2. Call Bridge アクションが失敗すると、Architect はエラーメッセージを送り切断します。
  2. ディシジョン ツリーでArchitectは連絡先がダイヤモンド membershipLevel に関連付けられているかどうかを確認します。
    1. 連絡先が membershipLevel Diamond に関連している場合、Architect はメッセージを送り、通話を切断します。
    2. 連絡先が membershipLevel Diamon に関連していない場合、Architect は別のメッセージを送り、通話を切断します。

(画像をクリックすると拡大します)

Architect でのデータ ディップ コネクター用のコールフロー例のスクリーンショット


Use custom attributes with the Zendesk data dip connector :Previous Suggested Article Next Suggested Article: