Architect の 10 進数


Architect 式の文法は、ピリオドを小数点として使用する数値として 10 進数値を定義します。小数点は、10 進数の整数と小数部分を区切るために使用する記号です。 Architect で、10 進数入力では小数点は一定ですが、式テキストの文脈外または 10 進リテラル入力以外として表示する場合には変更されることがあります。

フロー作成者が 10 進値(通貨額を含む)を入力するときリテラルとしてしていするか式内で使用する場合、Architect は常にピリオド (.) を小数点として使用します。 Architect で式テキストまたは 10 進リテラル入力制御で直接入力した以外の 10 進値を表示する場所では、アプリケーションが実行されている言語用に設定されている小数点が使用されます。

ドイツ語など一部の言語では、小数点としてコンマが使用されます。一方、Architect の式の文法ではコンマは関数セル内のパラメーターの区切りに使用します。Architect は式テキストをローカライズせず、小数点をピリオドから変更しません。そのため、どの言語かにかかわらず、フロー作成者はコンマ区切り値(7,25 など)としてではなく常に小数点値(7.25 など)として入力します。  どの言語かにかかわらず、Architect は小数点をピリオドから別の記号に変換することはありません。 例えば、プロンプト グリッド内のユーザー プロンプトまたはシステム プロンプトの持続中、フランス語での実行が 5 秒半続いた場合、「5,5」と表示されます。

同様に、通貨変数の値をリテラル額に更新すると、[値を更新] アクションでその金額はコンマを小数点として使って表示されますが、リテラル 10 進値を入力する実際のコントロールではそこで実際に値を入力した場所であるためピリオドを小数点として表示されます。

式テキストはローカライズされないため、他の式言語と同様、Architect も小数点をリテラルと式入力間で一定に保ちます。このアクションにより、混乱が軽減され、コピーして貼り付けすることが可能となり、リテラルと式とのビジュアルな切り替えが変更されなくなります。