設計時に式を検証


Architect は、フロー作成者がデザイン時に式の構築をトラブルシューティングする手伝いをします。式の構築中にエラーが発生したら、[オーディオ シーケンスを編集] ダイアログボックスの下部または [式] アクションの [設定] 領域に検証エラー メッセージが表示されます。

エラー メッセージの詳細を検索

式にエラーが含まれている場合、Architect はエディターの下にメッセージを返します。エラーの詳細を確認するには、メッセージをクリックし、次の点を確認します:

  1. エラーに関数名 (MakeDuration など) が含まれている場合、関数名は青色で表示されます。特定の関数にフォーカスして、その関数名をクリックすると、[式のヘルプ] ダイアログボックスが開きます。
  2. エラー メッセージの残りが赤色で表示されます。赤色のエラー メッセージをクリックして、式エディターにフォーカスを当て、入力キャレットをスクロールしてエラーの場所に移動します。

フロー作成者はまた「式のヘルプ」を使って、最大/最小、リテラルが必要か、NOT_SET を使えるかなどのパラメーターの制約を見ることもできます。[式を編集] ダイアログ ボックスで [F()] ボタンをクリックしてこのヘルプにアクセスします。

例:通貨コード

次の例では、フロー作成者は通貨コードのリテラルを使い、パーサーはデザイン時にこのコードを検証します。

MakeCurrency(5.25, "USD123")

When Architect validates this value at design time, it returns a message informing the flow author that the literal “USD123” supplied to the currencyCode parameter is not a supported ISO4217 currency code. These parameters are available in the Expression Help.

上の式に「米ドル」を含め「123」を削除することで、作成者は通貨コード パラメーターが 有効な ISO 4217 コードであることを保証できます:

MakeCurrency(5.25, "USD")
 Note: In this example, the validation is performed on literal parameter values. If a flow author enters:
MakeCurrency(Flow.MyDecimal, "USD")

パーサーは、金額パラメーター (最初のもの) に対して指定された値が 10 進値であるかのみを検証します。

例:最大許容年値

この例では、フロー作成者は 2500 年の日時を作成できます。

MakeDateTime(2500, 1, 1, 0, 0, 0)

Architect はデザイン時にエラーを検証し、エラー メッセージを返します。MakeDateTime の「式のヘルプ」で示されている通り、年パラメーターに指定された値「2500」は許容される最大値「2200」を超えています。