Fault tolerance for Bridge Connectors


The fault tolerance strategy to prevent service interruptions is Bridge redundancy operating in an active-passive configuration. Genesys strongly recommends using the Bridge Connector in this configuration, which includes:

  • 社内の WAN で別個の仮想マシンで実行されている 2 つ以上の Bridge サーバー
  • 2 つ以上の Bridge コネクター インスタンス。それぞれを異なる Bridge サーバーに設定

フォールト トレランス コネクターの設定

リーダーの役割のあるコネクターのインスタンスにより、すべての統合作業が実施されます。2 番目のインスタンスは非アクティブですが、有効化されており準備が整っています。

コネクターのフォールト トレランス - 障害がない場合

ネットワーク接続が失われたり、停電などの障害が発生した場合、担当者が障害の原因に対応している間、2 番目のコネクター インスタンスがリーダーになります。

メモ:  この動作により通信インスタンスの損失が管理できます。定期メンテナンスで仮想マシンが再起動するときも可能です。

コネクターのフォールト トレランス - 障害

エラーを修正すると、1 番目のコネクター インスタンスがスタンバイになり、これで 2 番目のインスタンスがリーダーになります。

コネクターのフォールト トレランス - 障害を修復した場合